記事

自民・公明・共産党が共有した極左イデオロギー

今朝の東京新聞に「退位こう考える」として、倉持麟太郎氏の「国会見解は『官僚文学』」と題する論考が載っていた。すごく分かりやすい。東京MXテレビも見たが、いい仕事してくれてる。 

退位に天皇陛下の意思を認めたら、憲法4条に反するという超馬鹿な考えは、自民党・公明党・共産党が揃って妄信する極左イデオロギーである。

今回の特例法には、その極左イデオロギーが入り込んでしまい、時の政権の「強制退位」を排除できなくなってしまった。
この件は、今後、徹底的に訴えていかなければならない。
国民はこの危険性が分かるレベルまで啓蒙されていない。
「ゴー宣道場」の全師範、全賛同者は、将来この件を徹底的に啓蒙すべく奮闘してくれ。

4月9日の「九州ゴー宣道場」の応募締め切りは3月29日(水曜)である。
あと8日間しかない。東京の門弟が参加できないから、まだまだ応募者は少ない。
言っておくが、わしは郷土なので暴走するかもしれない。他の師範が調節してくれ。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  2. 2

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  3. 3

    竹中平蔵氏の残業論に批判相次ぐ

    キャリコネニュース

  4. 4

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

  5. 5

    「水ダウ」企画にみる笑いの限界

    AbemaTIMES

  6. 6

    石破氏 加計氏の会見に「残念」

    石破茂

  7. 7

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  8. 8

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  9. 9

    二宮和也 撮影中に身内を亡くす

    NEWSポストセブン

  10. 10

    日大攻撃続けるバイキングに批判

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。