記事

国旗デザインの盗用を27年間主張し続ける国

 【ブカレスト(ルーマニア)】ルーマニアの首都ブカレストでは先月、抗議デモの参加者が街の中心部に集まり、ルーマニア国旗を掲げた。ソーシャルメディアには、このデモの様子を写した色鮮やかな写真が並んだ。このニュースはこうしてサハラ砂漠にまで伝わった。

 これを見たアフリカ中部の国、チャドの人たちは、ある問題を改めて指摘した。ルーマニアの国旗は、同国の独占物ではない。チャドに所有権があるというのだ。

 チャドは27年間にわたって、ルーマニアがチャドの旗を盗用したと苦情を言い続けている。1989年(ルーマニア革命の年)に国旗を採用したルーマニアの政治家は、チャドが既に青、黄、赤の3色の国旗を使っていることを認識していると述べていた。当時フランスの大統領だった故フランソワ・ミッテラン氏は、ルーマニアに対しその国旗を採用しないよう促していた。

 「だが、それ(国旗の問題)よりも対処すべきもっと重要なこと(国家再建)があった」と、当時のルーマニア大統領、イオン・イリエスク氏は語った。

 チャドの議会は遠方からの抗議を続けている。また、旗について研究する専門家には、旗泥棒だとしてルーマニアを非難する向きもある。

 だが、ルーマニア人たちは意に介していない。先月、ブカレスト中心部で行われたデモで、参加者の1人は、「なぜ気にする必要があるのか。チャドはあまりにも遠い国だ」と述べていた。

 現代の世界秩序は、国同士の対立をなだめるため、さまざまな制度や組織を確立した。だが、ある国が他の国の旗が気に入らないという場合、それに介入する権限をもつ組織は存在しない。

 こういった問題は繰り返されている。ハイチの選手団は第2次世界大戦前の1936年ベルリン五輪に出場したとき、リヒテンシュタインが自国と同じ旗を採用していたことに気付いた。これを受け、リヒテンシュタインは翌年に旗を変更した。

 バルカン地域では、1992年の旗をめぐる騒動がいまだに尾を引いている。当時独立したばかりのマケドニアが、16本の光を放つ星を描いた旗を新しく採用した。これはアレクサンドロス大王のシンボルだった。

 だが、ギリシャはアレクサンドロス大王がギリシャ人だと主張し、マケドニアに対する経済封鎖に出た。マケドニアは最終的に星を削除し、同国民がアレクサンドロス大王の子孫ではないという公式声明を出した。

 旗について研究する米国の学者、デービッド・F・フィリップス氏は、「ギリシャ人はこの話題になると感情的になる」と話す。

 これ以外にもある。オランダとルクセンブルクは、ほぼ同一の旗に敬意を払わなければならない。インドネシアとモナコも同様で、双方とも、14世紀から赤と白の図柄を使っていると主張している。コソボは旗にコソボの地図を載せることになった。政府がデザイナーたちに双頭のワシの図柄は使えないと告げたからだ。隣国のアルバニアが先に使っていたためだ。

 国際的な財産法によると、国が旗を商標登録することはできない。にもかかわらず、ジャマイカのある団体はそれを検討している。この団体は、外国の靴メーカーがジャマイカ国旗の図柄を入れたビーチサンダルを販売しているのが気に入らないとして、国連の機関に苦情を申し立てた。

 東欧のモルドバの大統領は、国旗の変更を提案している。モルドバの国旗は、チャドおよびルーマニアの3色旗に紋章を加えたものだ。大統領は先月に国旗の変更を提案したが、議会からの強い抵抗に遭った。そしてもちろんルーマニアは、この3色にこだわっている。

 チャドの政党「共和国のための行動連合」の代表を務める議員は、「現在に至るまで何もなされていない。国連の怠慢だ」とし、「これは不条理だ。2つの国が国旗として同じ旗を持つことはできない」と指摘する。

 国連事務総長室の広報担当者は電子メールで、「自国の旗の選択は、加盟国に任せている」と回答した。

By DREW HINSHAW

あわせて読みたい

「国旗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "昭恵氏のメールに辻元氏"はデマ

    辻元清美

  2. 2

    NHKクロ現の内容に芸能プロ激怒

    渡邉裕二

  3. 3

    石破氏"行政の対応は極めて異例"

    石破茂

  4. 4

    昭恵氏を証人喚問しないのは卑怯

    小林よしのり

  5. 5

    "安倍ポチ"西田氏は保守ではない

    小林よしのり

  6. 6

    "夫人秘書FAX"は忖度になるのか

    大西宏

  7. 7

    森友問題 財務省が"最も不誠実"

    福山哲郎

  8. 8

    籠池氏の"神ってる"発言を検証

    文春オンライン

  9. 9

    アンチトランプまさかの政権入り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    命の危険? 警察は籠池氏を守れ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。