記事

“UFOの人”矢追純一が認めた! 「イモトアヤコ、あいつ命張ってるよね」 矢追純一が語る「UFOとテレビ黄金時代」#2 - 笹山 敬輔

1/2

「UFOの人」としてベールに包まれている矢追純一さんに迫るインタビュー。後編は「矢追純一という人間をやってます」と語るその人生観、知られざる「満州体験」、そしてスタンリー・キューブリックとの出会い、イモトアヤコへの評価まで81歳の心境を伺った。嫌いな食べものも初告白!

前編はこちら→「“UFOを流行らせた男” 矢追純一81歳「空を見上げてほしかった」 矢追純一が語る「UFOとテレビ黄金時代」 #1」

UFOなんかどうでもいい

―― お話を聞いてると、矢追さんは、生きることに対してとても明るく、肯定的ですよね。一方で、UFOとか超能力にのめり込んで、世の中に対して否定的に考えてしまう人も多いと思うのですが、どこに違いがあるんでしょうか?

 どこにものめり込んでないもん。僕は別に好きじゃないから。どうでもいいんだ。そう言うと怒られるけど。

―― 私たちからすると、矢追さんはUFOにのめり込んでいる人だと思ってしまってるんですけど、実はそうじゃないんですね。

 みんなそう思ってるらしいんだけど、バカだね。そういうふうに思いたきゃ思ってりゃいいじゃんって思うよ。僕には関係ない。だって、UFOなんかより自分の人生の方がよっぽど大事だからさ。

―― 割り切ってるんですね。

 今日の夜に何食うかの方がよっぽど重大問題であって、UFOなんかどうだっていい。そうじゃない?  自分のこともなってないくせに、すぐUFOだの宇宙だの地球だののためにって偉そうに言うけど、自分がないからそういうことを言うのであって、自分がちゃんとしていれば、そんなところまで頭いかないですよ。

―― そんな大きいことを考えていられない?

 今この瞬間をどう生きるかです。毎回真剣勝負です。わりといい加減に言ってるみたいだけど、今この瞬間も真剣にやってるんだよ。この瞬間にしか僕は生きてないから。1秒後は死ぬかもしれないからさ。人が死ぬのをいっぱい見すぎたせいもあるけどね。

―― ご著書の中には、10歳のときに満州で敗戦を迎えられ、2年後に日本へ引き揚げるまでの間、壮絶な体験をなさったことが書かれていますね。

 目の前でバンバン人が死んだからね。だから、人間の命ってすごくはかないものだって知ってるんだよ。世の中の人って、100年も200年も生きるつもりでいるんだろうね。いい加減にダラダラ毎日生きてるってことはさ。それで、いっぱしの計画を立てて、自分では頭がいいつもりなんだよ。でも、いつ死ぬか知らないやつのどこが頭いいんだっていう話だよ。元気だろうが、若かろうが、突然死もあるじゃないですか。人間なんて先が見えないんだから、先のことを考えるのは無駄なんです。

―― 計画してはダメなんですね。

自分を振り返ってごらん。自分で計画してうまくいったためしないでしょう。人間に限らず、どんなことでも、一瞬一瞬変化してるんですよ。それをあらかじめ決めてその通りにしようというのは無理なんです。この瞬間で、もう全部変化してる。一つとして同じものはあり得ないんです。この瞬間が二度と来ないから、僕はここが真剣勝負だと言ってるわけ。自分勝手な思い込みで「こうなったら、そうなるだろう。そしたら、ああなるだろう」って、下手な将棋指しと同じなんだよね。で、大概外れて負けるんだけど。つまり、そんなに人間は先を決められないんです。

キューブリックに「お前は偉い」と言ってやった

―― 先ほどドラマは嫌いだったとおっしゃいましたが、映画はいかがですか?

 映画は見てましたね。1日3本くらいの感じで。

―― ドラマと映画は全然違いますか?

 レベルが違うんだよね。今でも外国の映画とはレベルが全然違うね。金のかけ方ももちろんだけど、やっぱり脚本家にしても監督にしても、全然腕が違うよね。

―― 矢追さんが影響を受けた作品はありますか?

 みんなが知ってるのでは、『2001年宇宙の旅』ですかね。あれは大傑作です。

―― 矢追さんから見ても、宇宙の映画として傑作なんですね。

 そうです。キューブリックに会いに行ったこともありますよ。あいつは僕と同じコンセプトで映画作ってるなと思って、「お前は偉い」と言ってやったんだよ。映画のラストで、変なじじいと赤ちゃんが出てくるじゃないですか。「あれはどういう意味なんだ?」と聞いたら、「僕にも分からん」って彼が言うんだよね。見てる側も作ってる側も分からないからいいんだって言うんだ。「実は、僕もそうなんですよ」と言ってやったんだよ。僕もいつも物事に決着付けない。僕の番組、みんなケツがないんですよ。UFO番組やってもUFO出てこないし、宇宙人も出てこないからね。

―― 矢追さんの普段の生活にも興味あるんですが、何時に起きるとか決めてらっしゃいますか?

 いや。起きたくなったら。

―― お好きな食べ物は?

 何でも食います。わざわざ食う気がしないっていうものは多少あるけれども、出てくれば何でも食うからね。

―― では、嫌いな食べ物は?

 そうだね、パクチーが入ったものね。タイ料理とか、東南アジア系はあんまり好きじゃないね。東南アジアは結構遊びに行ってるんだけど、食べるのは現地の中華とか、和食とかだね。

―― プライベートなことになりますが、一度ご結婚されてるんですよね?

 そう。日テレ入ってすぐね。僕、誰とも合わないんだね。相手が男であれ女であれ、同居するのは無理だね。

―― ペットはどうですか?

 ペットでも無理だ。 

「家では野菜炒めとか作るよ」

あわせて読みたい

「日本テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "昭恵氏のメールに辻元氏"はデマ

    辻元清美

  2. 2

    NHKクロ現の内容に芸能プロ激怒

    渡邉裕二

  3. 3

    石破氏"行政の対応は極めて異例"

    石破茂

  4. 4

    昭恵氏を証人喚問しないのは卑怯

    小林よしのり

  5. 5

    "安倍ポチ"西田氏は保守ではない

    小林よしのり

  6. 6

    "夫人秘書FAX"は忖度になるのか

    大西宏

  7. 7

    森友問題 財務省が"最も不誠実"

    福山哲郎

  8. 8

    籠池氏の"神ってる"発言を検証

    文春オンライン

  9. 9

    アンチトランプまさかの政権入り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    命の危険? 警察は籠池氏を守れ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。