記事

年収10億 富裕層の結論「“ビンボー”が幸福を呼ぶ」

1/2
行政書士、不動産投資顧問 金森重樹=文

なぜ、所得が上がると主観的幸福は停滞するか?

以前、リチャード・イースタリンという経済学者が1974年に発表した「お金と幸福の“逆説的”な関係」について紹介し、それに基づき私の考えを述べました(「『人より金持ちでいたい人』は、富裕層はムリ」http://president.jp/articles/-/19876)。

イースタリンの逆説はこのような主旨でした。

●ある国の一時点で見ると、所得と幸福度には正の関係が見られる
●ある国を時系列で見ると、国全体が豊かになっていっても幸福度は変わらない

今回は、もう1点ご紹介したいのですが、それは……。

●所得がある一定水準以上に上がると幸福度との相関が見られなくなる

これまた謎めいた逆説ですが、どういうことでしょうか。グラフを見てください。


これは、「world values survey(世界価値観調査)」という世界の異なる国の人々の社会文化的・道徳的・宗教的・政治的な価値観を調査したものの結果の一部です。この調査は社会科学者によって継続的に行われている国際的なプロジェクトで、中でも面白いのが「幸福と収入の国家間比較」のデータです。

縦軸は「主観的幸福」、横軸は「国民ひとり当たりのGDP」です。

これを見ると、ひとり当たりのGDPが0から1万5000ドルくらいまでの間は収入が増加すると、急速に主観的幸福が増加していることがわかります。この傾向は、前回の記事の中で紹介した下記の大学教授の研究結果とも一致します(2015年、ブリティッシュ・コロンビア大学と、ミシガン州立大学の教授らがアメリカ人1万2291人を調査・分析したものとも一致します 。参照記事:「悲しみに備える人」が富裕層になれる http://president.jp/articles/-/21392)。

「収入(の多さ)は日々の幸福感をもたらすのにほとんど影響はないが、悲しみのようなネガティブな感情を減らすのに役立つ」というのが分析の結果でした 。 

貧しい国々では基本的な衣食住の欲求や、安全性に対する欲求が充分に満たされていませんので、結果的にいろいろな悲しい事態に直面する機会が多くなるでしょう。

なぜ、高収入層は「小さな幸せ」に鈍感なのか?

一方、年収が上がっていくと「衣食住や安全」が満たされることでネガディブな感情を引き起こす事態を回避・解決する方策もとれるようになります。それに伴い、急速に主観的幸福も増加していきます。

確かに、0から1万ドルまでひとり当たりのGDPが増加すると、主観的幸福の指標も大きく上昇しています。

しかし、収入が増加していけばどこまでも主観的幸福が増加するかというと、これがそうではないのです。もう一度グラフを見てください。ひとり当たりのGDPが1万5000ドル以降はこの上昇の傾きは緩やかになっていくのです。そして、同2万ドルを超えるあたりでは、傾きはほぼ水平になっているように見えます。主観的幸福は“停滞”するのです。

ちなみに、前回の記事で「メキシコ人漁師とMBAホルダーのアメリカ人旅行者の会話」が出てきましたが、そのメキシコの主観的幸福は3.75で、国民ひとり当たりのGDP(収入)が5倍もあるアメリカ(旅行者はハーバード・ビジネス・スクール出身という設定)よりも主観的幸福が高くなっているのです。

グラフを丁寧に見てみると、メキシコを含む気候も温暖でお話に出てくるように「ギターを弾いて歌を歌って……」というラテン系の陽気な国々(グラフ左上)は、世界平均よりも主観的幸福が高い傾向にあります。それに対して、寒冷で長年、共産主義による締め付けのあった旧東欧諸国(グラフ左下)は平均よりも主観的幸福が低くなっています。つまり、主観的幸福は、ひとり当たりのGDP(収入)だけでなく、地理的・文化的・国民気質的な影響もかなりあるのです。

さて、話を戻して、年収がある一定水準以上に上がるとほんとうに幸福度との相関がなくなってしまうのかというテーマを考えてみましょう。幸福度に“飽和点”というものがあるのか。そこが問題です。

これについては、2つの考え方があります。

冒頭で触れたイースタリンの逆説は、国際比較で見て、所得がある一定の水準以上になると幸福度は頭打ちになる、としました(飽和点の存在)。

生活満足度に所得が与える効果は永遠に続くわけではなく、収穫逓減を示している。要するに、ある一定水準以上に所得が達した場合、それ以上は生活満足度が上がらないというものです。

この飽和点の仮説については、プリンストン大学名誉教授のダニエル・カーネマンも賛同し、次のように述べています。

「もうそれ以上は幸福感を味わえないという所得の閾値は、物価の高い地域では、年間所得ベースで約7万5000ドルだった(物価の低い地域ではもうすこし少ないだろう)。この閾値を超えると、所得に伴う幸福感の増え方は、平均してゼロになる。所得が多ければ多いほど、好きなところへ旅行に行けるしオペラも見られるなど多くの楽しみを買えるうえ、生活環境も改善できるのはまちがいないのだから、これはじつに驚くべき結果と言える。なぜこうした追加的な快楽は、感情経験を高められないのだろうか。考えられるひとつの解釈は、所得が増えるほど生活の小さな他の楽しみを味わう能力が減ってくるのではないか、ということである」(『ファスト&スロー下』ダニエル・カーネマン著)

所得が低ければ小さな幸せを満喫できるが、所得が増えすぎると小さな幸せを感じるセンサーが鈍くなるのでしょうか。お金持ちはせっかくの幸せをスルーしてしまうという説です。

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  8. 8

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  9. 9

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  10. 10

    コンビニのエロ本販売中止に賛否

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。