記事

「ブラック部活」なしでも結果が出せる理由

上沼祐樹=文

昨今、多方面で話題となっている「ブラック部活」に関するニュース。ブラック部活で「スポ根」を体得した学生は、ブラック企業でも根をあげずに働くため、「ブラック部活はブラック企業に通じる」といった声も聞こえてきます。

一方で、「ブラック部活」とは相反するシステムで結果を出している教育現場もあります。言うなれば「ホワイト部活」といったところでしょうか。このホワイト部活で日々過ごし、かつ、そのスタイルで結果を残してきた若者が入社してきたら……、今回は、そんな「部活動の最前線」について探ってみました。


先生も生徒も疲弊している「ブラック部活」

まずは「ブラック部活」について。質よりも量を重視する日本の部活動。量が増えると必然的に拘束時間が長くなります。そんな体制に、先生も生徒も疲弊しているのです。

教師という仕事は、ただでさえ忙しいにも関わらず、半ば強制的に部活動の顧問を任されるケースが多いといいます。そうなると、平日は遅くまで生徒を見守る必要がありますし、土日や祝日の多くが部活動に取られてしまいます。本業の授業や学級運営に影響が出ることもあるでしょう。

生徒にとっても、長時間の拘束は大変です。今年に入って「この部活は長すぎる!」と、ブラック練習を変えさせた父親のエピソードがネットで話題となりました。中学生の娘が部活動の練習に長時間拘束され、そのせいで帰宅後は疲れ果てて寝てしまい、宿題などは深夜に起き出してすることに。健全な成長を願う親としては黙っていることができず、学校側に調整を申し出たのです。

こうした状況の根底にあるのは、「より長時間、より厳しい環境でトレーニングをすれば心身ともに鍛えられ、成果を出せる」という昔ながらの考え方でしょう。

しかし、最近では「ブラック部活」のように長時間拘束をするのではなく、公私のバランスを取りながら結果を出すチームが出てきています。

たとえば、昨年度の全国高校サッカー選手権大会で準優勝のサプライズを起こした、東京都代表の国学院久我山高校。準々決勝で本年度の準優勝チーム・前橋育英、準決勝で本年度の優勝チーム・青森山田高校を撃破しました。決勝戦では強豪・東福岡に敗れたものの、笑顔でプレイする彼らは、ある意味、大会の主人公でもありました。

そんな国学院久我山高校には「ブラック部活」とはほど遠い、ある特徴があるのです。

高いレベルでの文武両道を目指す同校。サッカー部のAチームに所属する20人ほどの生徒を見ても、10人以上が早稲田・慶応狙いだそう。サッカーだけに打ち込むのではなく、しっかり勉強もしなくてはいけません。そのため、全国大会に出場するようなサッカー部であっても、1日2時間以上の練習は禁止。そして、朝練や居残りの練習は無し。放課後の2時間のみがチームの活動時間となるのです。

朝練・居残りは無し! 放課後の2時間で結果を出す

また、全国レベルのチームだからといって、練習設備が全国トップクラスというわけではありません。さまざまな部活動がグラウンドを同時に使用するため、サッカー部であっても、通常の半分のコートしか使えないのです。いきおい、日本サッカー協会が推奨するようなトレーニングができず、自身の環境に合わせたトレーニングをすることに。しかも、部員数は約200人にもなる大所帯。これは大変ですね。

同校の監督・李済華さんは、自著『サッカー逆境の監督学』で、「制約があるからこそアイデアが生まれる」と持論を展開します。先生も生徒も、この環境を真正面から受け止め、どのようにすべきかを考え、前向きに取り組んでいるのです。

「トレーニングというのはコーチの管理下で行われるもので、肉体を酷使するものですし、集中力も必要です。子ども同士の遊びでサッカーをやったりするのなら何時間でもやっていいと思いますが、たとえば暑いなかで何時間も集中して激しいトレーニングを毎日していたら、子どもたちはいずれ潰れてしまいますよ」(同書より)

チームを強くするために長時間のトレーニングは不要。短い時間で効果的に指導するというわけです。しかも、それが詰め込み式ではないのが面白いところでしょう。

国学院久我山のサッカースタイルといえば、ここの選手がしっかりと連動し、パスを繋ぐスタイル。「美しく勝つ」がチームのスローガンとなっており、その華麗なサッカースタイルは、「FCバルセロナのよう」と評価されることも。昨年度の高校サッカーでも、そのスタイルを存分に披露し、結果を残していました。

サッカーは「ファンタスティック」な競技と表現する李監督。サッカーを上達させるマニュアルや教科書は世の中にたくさんありますが、それだけを学ぶのではなく、サッカーのもつ芸術性をむしろ優先するのです。

たとえば「ボールコントロール」とは、通常、地面にボールを置くことを意味します。その方が相手に奪われませんし、次の展開がしやすい。しかし、かのスーパースター・マラドーナは、ボールの浮いている状態のほうが強く蹴れるし、カーブもかけやすいので、「ボールコントロールできている状態」と考えていました。そして、「ボールが浮いている状態はファンタスティック」とも言います。

「ファンタスティック。この言葉の強さってあるじゃないですか。サッカーを教科書化してしまうと、そういうイメージの豊かさ、自由さというのがなくなってしまう」と、李監督もまた、マラドーナの考え方を同書で支持しています。自由な発想を尊重し、軍隊式な詰め込みをしないのが李監督の指導方針。

同校では、生徒に坊主頭を強制することもなく、試合に負けた罰としてダッシュを課す"罰走"などもありません。旧態依然とした部活動とは一線を画しており、李監督は「ザ・高校サッカーの時代は終わった」と語ります。

国学院久我山高校は、昨今、話題になりがちな「ブラック部活」とは異なる方法で、結果を残している好例と言えるのではないでしょうか。

「ブラック」でなくとも結果を出す時代

トレーニングのための素晴らしい環境が無くても、発想を変えて全国大会で結果を残した高校があります。本年度の高校選手権で見事優勝した青森県代表・青森山田高校です。同校のある青森は雪の多い地域。1年の3分の1は雪でグラウンドが覆われています。高さ2.44メートルもあるサッカーゴールの半分以上が、雪で埋まってしまうことも。これではまともにサッカーができません。

しかし、青森山田の生徒たちは悲観的ではないと、黒田剛監督が語ります。

「本校の生徒たちは、雪国という『ハンディキャップ』を嘆くのではなく、割り切って『味方』につけようと考え方を改めるのだ」(書籍『勝ち続ける組織の作り方』より)

雪が多くて通常の練習ができないサッカー部は、1メートルほど雪が積もったグラウンドで繰り返しゲームを行います。50人対50人でボールは3つ。2点先取すれば勝利といった具合に、オリジナルルールでゲームに挑むのです。そんな雪上でのトレーニングが続くと、雪が溶けるころには足腰が強くなっている、という具合。

「厳しい環境であればあるほど、人は成長できるということを証明してくれる」と、黒田監督は説きます。

どんなに厳しい環境下でも、「青森山田でサッカーがしたい」と同校には全国各地から生徒が集まります。そして達成した「県内17年間無敗」「高円宮杯U-18サッカーリーグ2016チャンピオンシップ優勝」「第95回全国高校サッカー選手権大会優勝」の快挙。素晴らしい実績です。

厳しい環境でただ耐えるのではなく、合理的に考えて、ハンディキャップすら味方に変えるといった柔軟性を持つ生徒が増えてきている──先に挙げてきたような事例から、そんな現状が浮かび上がってきます。そこには、坊主頭も試合後のダッシュも存在していません。やみくもに質よりも量にこだわる、「ザ・高校サッカー」の姿は、もはや過去のものなのです。自身で状況を把握し、何ができるかを考え、最適な方法を探す。そのためには客観的に自身をとらえる姿勢が不可欠ですが、日々のトレーニングや監督の導きを通じて、自然と身につけているのでしょう。

国学院久我山や青森山田といった高校が全国大会で結果を残したことで、多くの学校がこれにならうことも想像できます。ブラック部活よりも、ブラック部活ではないほうが結果を残せる。そうした風潮がさらに強まれば、多くの学校が脱・ブラック部活へシフトしていくのではないでしょうか。

そして、そんな環境で育った彼らを、社会はどう迎え入れるのか。すなわち、「ブラック部活」を知らない優秀な生徒を、「スポ根」「体育会系」しか知らない企業側が、どうつなぎとめて、活かすのか。企業の人材活用も、時代に合わせて考え方を大きく変えていく必要があります。「ホワイト部活」で成功体験を積んできた若者への対応を、誤らないようにしたいところです。

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タワマン買いたくない3つの理由

    内藤忍

  2. 2

    籠池氏が嘘でも昭恵氏は捜査対象

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  3. 3

    職員のFAX "敷地購入に影響した"

    THE PAGE

  4. 4

    iPhone「容量不足」の解消法は?

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    外国人の医療費踏み倒しが深刻化

    中田宏

  6. 6

    証人喚問 100万寄付は本当では?

    小林よしのり

  7. 7

    蓮舫氏こそ証人喚問を受けては?

    和田政宗

  8. 8

    "政治家関与なし"議員が資料公開

    和田政宗

  9. 9

    蓮舫氏"昭恵氏の証人喚問"を要求

    民進党

  10. 10

    昭恵氏と国有地売買は"関与なし"

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。