記事

雑誌ジャーナリズム大賞「ベッキー禁断愛」はいかにして生まれたのか? #1 残された時間はわずか「48時間」 - 「週刊文春」編集部


『文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?』(週刊文春編集部 著/角川新書)


「週刊文春」の取材の裏側を、解説と再現ドキュメントで公開する『文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?』(角川新書)が刊行されました。発売を記念し、「Scoop1 “スキャンダル処女”ベッキー禁断愛の場合」の章を公開します。“文春砲”という言葉が広く知られるきっかけとなり、第23回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞」を受賞したスクープ。その舞台裏にあったものとは――。(全4回)

◆ ◆ ◆

本章はスクープの現場はどのようなものなのか? 記者たちはどのように動きながら記事を書いているのか。その一端を描いたドキュメントだ。まずは2016年の「文春砲」の嚆矢(こうし)になったともいえるベッキー不倫報道の場合だ。ここでは情報入手と行動の推測、張り込みと追跡が大きなテーマになっていた。校了までの時間との戦いになっていたところも見逃せない要素だ。タイムリミットは48時間。

動き出したスクープ

「まさに“ゲスの極み”? ベッキー31歳禁断愛 お相手は紅白初出場歌手27歳!」


週刊文春2016年1月14日号より

 いわゆる文春砲はこの記事から始まったといってもいい。

 ベッキーといえば“スキャンダル処女”とも呼ばれる存在だった。

 その初スキャンダルの相手が妻帯者であり、正月から相手の実家にまで行っていたのだからインパクトは大きかった。

 相手は「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音だ。スキャンダルとしてはベッキーに焦点が当てられたが、紅白出場歌手なのだから知名度は低くない。

 このスクープは、週刊文春編集部の棚橋(たなはし)記者が情報を掴(つか)んだことから動き出している。最初の情報の入手経路は詳しく書けないが、日頃から棚橋が付き合いを続けていた音楽関係者から情報はもたらされた。

 ベッキーと川谷によるLINEのやり取りも入手できた。

〈時間かかってしまうけどちゃんと卒論書くから待ってて欲しいな。こんな感じで待たせるのは本当に心苦しいけど、待ってて欲しい〉

 川谷はLINEでこんなメッセージをベッキーに送っていた。川谷とベッキーは離婚届のことを〈卒論〉と表現し、その提出を待ちわびるようなやり取りをしていた。

 また、クリスマス後にベッキーは〈素敵なイブとクリスマスをありがとう〉というメッセージを川谷に送っていた。

 こうしたやり取りを見ただけでも二人が親密な関係であるのは明らかだった。しかし、記事にするには本人たちの声が欲しい。そのため、ベッキーと川谷が、川谷の故郷である長崎に行っているという情報を掴んだところで直撃を試みることにした。

 この記事で「カキ」を担当した棚橋は、東京で指揮をとりながら川谷の妻に当たり、他の記者を「アシ」にして長崎へ飛ばすことにした。

一月三日の呼び出し

 二〇一六年一月三日午前八時。

 明け方近くまで友達と酒を飲んでいた女性記者・大山(おおやま)は、眠さと闘いながらもプラン会議に提出する五本の企画をまとめ、デスクにメールする作業を終えていた。プラン会議は毎週木曜に行われる。この日は日曜だったが、正月ならではの変則日程だった。メールを済ませたあとには午後から編集部に行くことになっていたので、短い正月休みだった。

 アルコールを抜くため入浴しようと、風呂(ふろ)にお湯を溜(た)めていたところで携帯電話の呼び出し音が鳴った。携帯の画面を見て、相手がデスクの渡邉庸三(わたなべようぞう)だとわかった。

「おはようございます。あっ、いえ、あけましておめでとうございます」

 ぼうっとしたままの頭で電話に出ると、「大山、いまどこにいる? お前に頼みたい件があるんだけど、早めに会社に来られるか」と聞かれた。少し言葉に詰まりながらも「いま、家なので、できるだけ早く行きます」と答えた。

 心づもりより少しだけ早く正月休みが終わった。風呂に浸(つ)かるのはあきらめて、シャワーだけを浴びて編集部に向かった。

 十一時前に編集部に着くと、渡邉に「悪いな」と迎えられ、すぐに「奥部屋」に向かった。呼び名どおり、編集部の奥にあるミーティングルームだ。奥部屋にはすでに棚橋がいて、資料に目を通していた。二人が入室してくると顔を上げた。

「正月から悪いな。大山はこのバンドを知ってるよね?」

 そう言った棚橋は、「ゲスの極み」のCDや川谷の写真を大山に見せた。


「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音 ©文藝春秋

「ええ、紅白で歌ってましたよね」

「ボーカルのこの男、川谷だけど、女房がいるにもかかわらず、正月休みに実家のある長崎に別の女を連れて帰っているんだ」

 そう言われた段階ではまだ大山も驚きはしなかった。

「そうなんですか。相手は誰ですか?」

 それには渡邉が答えた。

「ベッキーなんだ」

「……えっ」

 その名前は予想の範囲を超えていた。

「嘘っ? スキャンダル処女なのに……」

「長崎で、二人が一緒にいるところを写真に撮って直撃する。それがお前の役目だ」

 こうして大山はアシに指名されたのだ。

タイムリミットは四十八時間

 大山が編集部に着くより先に、午前九時からデスク会議が行われていた。編集長の新谷と五人のデスクで次号のラインアップを決定する会議だ。前日までに渡邉は新谷に、ベッキーと川谷が不倫をしていて長崎に婚前旅行へ行くという事実を伝えていた。休養から復帰したばかりの新谷に迷う理由はなかった。

「大きな扱いでいけそうだな」

 大山を棚橋のアシにつけて、長崎へ行かせることも、新谷と渡邉が事前の話し合いで決めていた。デスク会議では、大山だけでなくさらにカメラマン二人とグラビア班の記者二人の計四人をチームに加えることが決まった。トップ級の扱いの特集にすることはほぼ決まりだ。グラビア班の二人は“追いかけ取材”にあまり慣れてはいないが、ヘルプを入れたチーム編成は珍しくない。大山は東京で下取材をしてから四日の朝一番で長崎に行くことにして、まずはカメラマンとグラビア班記者が三日のうちに長崎へ飛んだ。

 棚橋は三十八歳で、大山は三十三歳。新しく加わった四人は二十代後半や三十代前半の男性たちだった。

 この記事を載せる号は一月七日に発売される。校了はその二日前の火曜日である一月五日であり、その前夜である一月四日から原稿を書き始めるのが通常のパターンだ。

 限界まで引っ張るとしても一月五日の朝までには直撃取材をする必要があった。

 大山とすれば、役割を告げられてからは四十八時間、長崎に着いてからは二十四時間しか猶予がなかったことになる。

(#2に続く)

文春砲 スクープはいかにして生まれるのか? (角川新書)

週刊文春編集部 (著)

KADOKAWA
2017年3月20日 発売

購入する


 本書の再現ドキュメントの元になったのは、株式会社ドワンゴが取材・制作した「ドキュメンタリードラマ『直撃せよ!~2016年文春砲の裏側~』」。ニコニコ動画で公開中。

※こちらは予告編です。 


INFORMATION

角川新書『文春砲』刊行記念トークイベントのお知らせ

「週刊文春」編集長・新谷学と特集デスク・渡邉庸三が、スクープの舞台裏を語ります。

日時:4月5日(水)19:30開演(19:00開場)
会場:ジュンク堂書店池袋本店 4F 喫茶コーナー
https://honto.jp/store/news/detail_041000021313.html?shgcd=HB300

日時:4月12日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/11566/

※どちらのイベントも事前のご予約が必要です。詳しくはそれぞれのWEBサイトをご覧ください。

あわせて読みたい

「週刊文春」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  2. 2

    和田議員が新潟知事の発言に苦言

    和田政宗

  3. 3

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

  4. 4

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  5. 5

    Wi-Fi時代にネカフェ規制は必要?

    三浦義隆

  6. 6

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  7. 7

    営業ほど素晴らしい仕事はない

    広瀬隆雄

  8. 8

    新潟知事語る点字ブロックとデモ

    米山 隆一

  9. 9

    パチンコ業界に新たな利権構造か

    宇佐美典也

  10. 10

    自民・大西英男議員の失言は論外

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。