記事

G20財務相・中銀総裁会議はアメリカの保護主義への傾斜を暗示

ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20財務相・中銀総裁会議は、米国がこれから保護主義へと舵を切ることを暗示させました。

米国は「アメリカ優先主義」を前面に打ち出し、これまでの慣習となっている「保護主義を排する」という確認の文言を共同声明から削除しました。さらに「(貿易の門戸を)開放する」という言葉も、今回の共同声明から削除されました。

今回のG20はスティーブン・ムニューチン財務長官にとって初の国際会議でした。しかしムニューチン長官はトランプ大統領の意向を忠実に伝える「子供の使い」以上のことは何もしませんでした。

保護主義が顕著になった例としては1932年のオタワ会議が有名です。

[画像をブログで見る]
(出展:デイリー・スター)

英連邦がその広大な領域を外国に対して閉ざし、外国製品に高い関税をかけたことで、フランス、ドイツ、アメリカも輸入品に関税を課す、為替を操作する、などの方法で報復したのです。

英国やフランスが早くから植民地経営をしていたのに対し、ドイツや日本は出遅れていました。だからおのずと「持たざるもの」の立場に追いやられ、貿易戦争を不利に戦わなければいけなくなりました。

このためドイツは東欧に勢力を伸ばし、日本は満州から大東亜共栄圏の構築へ……という道を歩み始めたことは良く知られています。

あわせて読みたい

「G20」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  2. 2

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  5. 5

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  6. 6

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  8. 8

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  9. 9

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  10. 10

    いきなりステーキ脅かす競合登場

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。