記事

「愛国無罪」か

気があう友人というものは不思議なものです。十年ぶりに再会しても何の隔ても感じずまるでつい最近も会った気がします。

先日、十年ぶりに友人のマネックスの松本大さんとランチしました。彼が若者の創業を応援するファンドを立ち上げるので私にも応援してほしいというのです。

そこで自然に我々の創業時の思い出話になりました。
「僕は創業初期に赤字が続きましたが、最初に納税した時の感動は今も忘れない。やっと一人前になった気がした。」
松本さんのこのさり気ない話に私が静かに感動しました。彼はきれい事を言うタイプではないし、二人だけのランチで私にそれを言うメリットもありません。私の勝手な推測に過ぎませんが、宋メールの読者はたぶん平均よりずっと多くの税金を納めてきた方々です。(松本さんも宋メールの熱心な読者です。)

私も創業初期に札幌北区の納税番付でトップ三位に入ったと聞いてうれしかったですが、同時に「皆があまり納税していないな」とショックを受けました。リスクを背負ってゼロから創業する場合、最初に利益を出した時の嬉しさは一生忘れません。自分のビジネスが本当に顧客によって認められ本当に世の中のためになっていることが証明されたからです。これで社員を守り、税金を納め、自分と家族が自力で食べていける確信を持つからです。

本物の仕事をする人はだいたいきれい事を嫌うのです。きれい事を言うと気分だけが偉くなり泥臭い努力をしなくなるからです。読者の皆さんの周りにもきれい事を好む方々がいると思いますが、彼らに何らかの共通点を感じませんか。

生まれ育った故郷に愛着を持つのは人間の本性です。国を愛する素朴な感情はどこの国のどこの人にも共通しています。集団になって同じ同胞に向かって高らかに「愛国」を訴えること自体は嫌味に聞こえるのです。静かにたくさんの税金を納める大勢の同胞に失礼です。

中国も同じですが、妙に大声で愛国を訴える人々には、仕事をきちんとする人は少ないのです。「愛国」を不正と私欲の隠れ蓑にする人が多いのです。混乱の中国には「愛国無罪」というスローガンがありました(つまり、愛国であれば罪にならないという意味です)。現在の森友学園事件をみているとまさに「愛国無罪」と錯覚している人々がいるように見えるのです。愛国小学校のためならば、異常な方法でも国の土地や補助金を差し上げるのです。

あるTV番組に出演した時、数人の右翼評論家と納税の話について口論になって「宋さんは日本に納税しているか」と聞かれました。私はある年の納税額を申し上げた上、「君達の納税額も教えて」と頼んだら、全員が黙り込んだのです。

私は日本人ではありませんが、自分と家族たちは大変日本のお世話になっています。納税できたことはとてもうれしいのです。一年の納税(多い時)は番組に出る右翼論客全員の終身納税よりも多いと思いますが、彼らに自慢する気にはなりません。しかし、彼らと意見が違うため、よく「反日」や「工作員」と言われます。その時、「君たちはどうやって日本を愛しているのか」と聞きたくなります。

森友事件の真相はどうなるかは分かりませんが、これを機により多くの人々が愛国を私欲(名誉、地位、金銭)に利用し、公共利益を阻害する愛国者たちに気付くでしょう。
「宋メール」のコンセプト

「宋メール」は宋自身が読者のご参考のため提供する個人の考えです。
「宋メール」は正論や結論ではなく、独自な視線を提供します。
「宋メール」は個性的なゲスト・オピニオンを用意します。
「宋メール」の読者は自立心が強く、世間に流されたくない方々です。

宋 文洲


発行:月1~2回程度
料金:無料
登録はこちらから

あわせて読みたい

「愛国心」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  6. 6

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  7. 7

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  8. 8

    小池結党宣言は安倍会見を陳腐に

    早川忠孝

  9. 9

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  10. 10

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。