記事

グーグルとリーバイスが共同開発の「スマートジャケット」が不評の理由

Haniya Rae ,CONTRIBUTOR

異論もある意見かもしれないが、筆者はグーグルがリーバイスと共同開発したスマートジャケットを面白くないと思っている。

少なくとも2015年には開発が始められていたこのジャケットは、価格が350ドル(約4万円)。予算の範囲内だと考える人たちにとっては、魅力的な商品だろう。洗濯機で洗うこともできる。だが、それでも筆者の考えは変わらない。理由は次のとおりだ。

自分で洗えるというだけでなく、自転車に乗っていても、寒い日に歩いても問題がない程度の保温性があれば、もっと便利なものになったのではないだろうか?また、長距離でも移動中にずっと音楽を聴くことができるなどの機能は、すでにその他の多数のデバイスによって、可能になっている。

長く待ち望まれた割にそれほど「クール」ではなかったグーグルグラスと同じように、数多くの便利な機能を期待して、多くの人が毎日必ず着るようなものにはなりそうにない。機能を動作させるためには、ブルートゥース接続型のカフリンクを充電する必要もある。

安全性に関する懸念もある。自転車での通勤途中に音楽やニュースを聞いていて、後ろから来る救急車を無視したり、歩道からあなたを大声で呼んでいる人に気付かなかったりすることはないだろうか?

ニューヨークでは、今でも年間少なくとも数百人が自転車での走行中に事故に遭い、命を落としている。重要なことはそうした事故の犠牲者をなくすことであり、危険を増すことではないはずだ。

また、衣類は着続ければ劣化する。雨が降り始めたとき、生地に開いた小さな穴がジャケットを「ショートさせる」可能性はないのだろうか?高級ブランドは昔から、商品を長く使ってもらうために修理を受け付けている。だが、グーグルにはそのサービスもないようだ。

ただ、そうは言ってもジャケットを完成させた技術は拡張性があり、確かに興味深いものだ。最終的には、多くの企業に利用可能なものになってくれればいいと思う。

ジャケットについて筆者が最も納得のいかない点は恐らく、テクノロジー企業各社が携帯端末をハイテク機器とつなぐことばかりに固執しているように見えることだ。アップルウォッチの失敗の理由は、すでにスマートフォンで利用可能な機能しか提供しないガジェットであり、そこに価値を見出せる消費者が多くなかったことだ。

「スマートな」製品の全てが携帯電話につながっていなければならないなら、それらの製品は携帯電話の一部に過ぎず、利用者に新たな利点をもたらす、真に有用なものにはならないのではないだろうか。

あわせて読みたい

「ウェアラブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計文書の流出元を議員が暴露

    和田政宗

  2. 2

    風俗通いリーク? 官邸の人格攻撃

    町村泰貴

  3. 3

    経産省若手提言はなぜ炎上したか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    正恩氏配布の菓子が激マズで悲鳴

    高英起

  5. 5

    退職勧奨を受けたら取るべき対応

    三浦義隆

  6. 6

    自民が維新を与党に入れないワケ

    文春オンライン

  7. 7

    "有名人の店"に破綻が多いワケ

    ヒロ

  8. 8

    国連報告者 菅長官への反論全文

    民進党

  9. 9

    ビル・ゲイツが挙げた必読書5冊

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    中国による日本人拘束の不可解さ

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。