記事

世界のエネルギー関連CO2排出量 〜 経済成長下でも3年連続横這い

 今月17日付けの国際エネルギー機関(IEA ; Internetional Energy Agency)の発表によると、世界のエネルギー関連CO2排出量は、経済成長下であるにもかかわらず、2014〜16年で横這いだったとのこと。その理由としては、①再生可能エネルギー発電の増加、②石炭から天然ガスへの転換の進展、③エネルギー使用効率の向上が挙げられている。

《原文より抜粋》
Global energy-related carbon dioxide emissions were flat for a third straight year in 2016 even as the global economy grew, according to the International Energy Agency, signaling a continuing decoupling of emissions and economic activity. This was the result of growing renewable power generation, switches from coal to natural gas, improvements in energy efficiency, as well as structural changes in the global economy.


01
2017.3.17 IEA

 二大CO2排出国である米国と中国でCO2排出量が減少し、欧州では横這いで、その他の国々では増加した。最大のCO2排出量減少は米国によるもので、シェールガス供給増と再エネ発電増が石炭代替となって、経済成長率+1.6%の下でCO2排出量は▲3%(▲1億6000万t)であった。

Carbon dioxide emissions declined in the United States and China, the world’s two-largest energy users and emitters, and were stable in Europe, offsetting increases in most of the rest of the world.The biggest drop came from the United States, where carbon dioxide emissions fell 3%, or 160 million tonnes, while the economy grew by 1.6%. The decline was driven by a surge in shale gas supplies and more attractive renewable power that displaced coal.

49
2017.3.17 IEA

 2016年においては、世界の電力需要増の半分以上を再エネが占め、その過半は水力だった。原子力発電設備容量は、1993年以来の高い伸びを示した。石炭は、米国での需要減(前年比▲11%)が際立ち、米国の発電部門で初めて天然ガスが石炭を上回った。

In 2016, renewables supplied more than half the global electricity demand growth, with hydro accounting for half of that share. The overall increase in the world’s nuclear net capacity last year was the highest since 1993, with new reactors coming online in China, the United States, South Korea, India, Russia and Pakistan. Coal demand fell worldwide but the drop was particularly sharp in the United States, where demand was down 11% in 2016. For the first time, electricity generation from natural gas was higher than from coal last year in the United States.

 中国では、経済成長率+6.7%の下でも、石炭需要減によってCO2排出量は前年比▲1%となった。これは、電力部門における再エネ、原子力、天然ガスの割合が増加したことに加え、大気汚染防止対策として産業部門や建築部門で石炭から天然ガスへの転換が政府主導で行われたことによる。

 中国の電力需要は+5.4%で、その2/3は水力・風力・原子力であった。新たに5つの原子炉が送電網に繋がり、原子力発電は+25%となった。

In China, emissions fell by 1% last year, as coal demand declined while the economy expanded by 6.7%. There were several reasons for this trend: an increasing share of renewables, nuclear and natural gas in the power sector, but also a switch from coal to gas in the industrial and buildings sector that was driven in large part by government policies combatting air pollution.
Two-thirds of China’s electricity demand growth, which was up 5.4%, was supplied by renewables — mostly hydro and wind – as well as nuclear. Five new nuclear reactors were connected to the grid in China, increasing its nuclear generation by 25%.


 欧州では、天然ガス需要が+8%、石炭需要が▲10%で、CO2排出量はほぼ横這いであった。再エネは重要だが、役割としては小さかった。

In the European Union, emissions were largely stable last year as gas demand rose about 8% and coal demand fell 10%. Renewables also played a significant, but smaller, role.

あわせて読みたい

「CO2」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  2. 2

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  3. 3

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  4. 4

    橋下氏「公約比較なんて無意味」

    橋下徹

  5. 5

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  6. 6

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  7. 7

    辻元氏 デマ記事で質問状を送付

    辻元清美

  8. 8

    加計疑惑 検察が安倍政権に忖度?

    阪口徳雄

  9. 9

    選挙「風」で民主主義は劣化する

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  10. 10

    失速する希望の党 舛添氏が分析

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。