記事

PKO日報問題、稲田大臣で大丈夫か

南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報を廃棄したとしながら、陸上自衛隊が今年1月頃まで電子データで保管していたことが、わかりました。

陸上自衛隊は、いったん公表を検討しましたが、防衛省統合幕僚監部の幹部が、保管の事実を非公表とするよう指示していた、と昨日16日複数の防衛省幹部が明らかにした、と報じられています。

稲田防衛大臣は、特別監察の実施を指示し、自分が全容解明をする、としていますが、これだけ隠ぺいに次ぐ隠ぺいが繰り返されて、部下を統率できているとは思えません。

以前に統合幕僚監部に電子データが残っていたと判明した時も、1ヶ月間、大臣にはこの情報が伝えられていませんでした。

安保関連法に基づいてPKOで新たな任務の実績を作るために、PKO5原則に抵触する「戦闘」を隠ぺいするために、こうした隠ぺい工作が行われたのではないか、と見られています。

稲田大臣が、省内の情報を掌握していなければ、シビリアンコントロール(文民統制)も危ういことになります。

第三者による徹底した調査が必要だと思います。

稲田防衛大臣は、連日、森友学園との関係でも国会で追及を受けていますが、前日の答弁を撤回して謝罪をしたり、よく知らないと言っていた籠池夫人のことばを「奥様らしい」と言って、よく知っていることを伺わせるなど、答弁が軽く、自分の危機管理もできない人に、日本の危機管理をし安全を保障することは、難しいのではないかと思われます。

ずっと稲田大臣を重用してきた安倍総理の任命責任も問われると思います。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    籠池氏「100万円」偽証の可能性

    和田政宗

  10. 10

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。