記事

PKO日報問題、稲田大臣で大丈夫か

南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報を廃棄したとしながら、陸上自衛隊が今年1月頃まで電子データで保管していたことが、わかりました。

陸上自衛隊は、いったん公表を検討しましたが、防衛省統合幕僚監部の幹部が、保管の事実を非公表とするよう指示していた、と昨日16日複数の防衛省幹部が明らかにした、と報じられています。

稲田防衛大臣は、特別監察の実施を指示し、自分が全容解明をする、としていますが、これだけ隠ぺいに次ぐ隠ぺいが繰り返されて、部下を統率できているとは思えません。

以前に統合幕僚監部に電子データが残っていたと判明した時も、1ヶ月間、大臣にはこの情報が伝えられていませんでした。

安保関連法に基づいてPKOで新たな任務の実績を作るために、PKO5原則に抵触する「戦闘」を隠ぺいするために、こうした隠ぺい工作が行われたのではないか、と見られています。

稲田大臣が、省内の情報を掌握していなければ、シビリアンコントロール(文民統制)も危ういことになります。

第三者による徹底した調査が必要だと思います。

稲田防衛大臣は、連日、森友学園との関係でも国会で追及を受けていますが、前日の答弁を撤回して謝罪をしたり、よく知らないと言っていた籠池夫人のことばを「奥様らしい」と言って、よく知っていることを伺わせるなど、答弁が軽く、自分の危機管理もできない人に、日本の危機管理をし安全を保障することは、難しいのではないかと思われます。

ずっと稲田大臣を重用してきた安倍総理の任命責任も問われると思います。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「印象操作」発言に苦言

    石破茂

  2. 2

    蓮舫氏の二重国籍 問題は法務省

    SYNODOS

  3. 3

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  4. 4

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  5. 5

    京産大会見で更に深まる加計疑惑

    郷原信郎

  6. 6

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  7. 7

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  8. 8

    蓮舫氏の次は法務省が説明責任を

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  10. 10

    香港「ドラえもん」も弾圧対象に

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。