記事

豊洲移転に揺れる築地市場の労働問題 健康診断実施してない事業場3割、深夜手当の未払いも

日本の台所、築地市場が揺れている。豊洲移転の話ではない。労働問題の話である。

昨年12月に東京労働局・中央労働基準監督署が実施した調査で、深夜手当の未払いや健康診断の未実施などが明らかになったのだ

「深夜労働」という認識が乏しいことが原因か

調査が行われたのは昨年7月から8月。労働条件に関するトラブルや労働災害の予防を目的に、築地市場の495事業場で行い、164事業場から回答があったという。

労働安全衛生法では、常態として深夜労働(原則として22 時から翌 5 時まで)に従事する労働者に対し、6 か月以内ごとに 1 回の健康診断を実施するよう定めている。本調査では37か所、実に30%以上で健康診断が実施されていなかった。

さらに8か所の事業場では、深夜労働の際に支払われるべき深夜手当が支払われていないことも明るみになった。労働基準法では深夜に労働させる場合、1時間当たりの賃金25%以上の割り増し賃金の支払いが義務付けられている。

調査を行った東京労働局は

「所定労働時間が3時~12時といったような早朝から勤務する労働者について『深夜労働を行わせている』という意識が低いことが原因の1つにあると思われます」

と分析する。市場は朝が早いことが当たり前になっているため、経営者も労働者も、特別な労働時間であると意識していない可能性がある。

36協定未届けや労働条件通知書の未交付の事業場も

さらに、雇用時の労働条件を書面で交付していない事業場が約10%、時間外・休日労働をしている事業場のうち、36協定を届け出ていないケースも約20%あると判明。豊洲移転ばかりが注目される今日この頃だが、こうしたブラックな労働環境も問題視されるべきだろう。

今回の調査の回答率は33.13%と半分にも満たない。築地にあるすべての事業場を洗いざらい調査すれば、こうした違反件数は更に増加すると見込まれる。

中央労働基準監督署は

「今後、労務管理の基本事項について、より一層の周知と必要に応じた監督指導を行います」

と、監督業務を徹底する意気込みを見せている。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  4. 4

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  5. 5

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  6. 6

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  7. 7

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  8. 8

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

  10. 10

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。