記事

経団連=労働者に残業させないと利益を出せない、無能すぎる経営者の集まり。



disっておきましょう。


お話にならない……。

残業規制がようやくかたちになったようですが……ぜんっぜんだめじゃんこれ。

 まず、残業時間の上限は原則として月45時間、年360時間と定められる。労使で特別条項を結べば、この月45時間という上限を超えて残業させることもできるが、回数は年間6回(6カ月)までに制限される。

 特別条項を適用した場合の上限は1カ月100時間未満まで認めるが、同時に複数月では平均80時間以内に収めることも求めている。つまり、ある月に約100時間の残業をすると、翌月は最長約60時間までしか認められないことになる

連続100時間は× 残業規制、上限設定 平均、年間で総量定める - 産経ニュース

100時間って……「過労死ライン」の80時間を超えてないっすか?忙しいときは死ねってこと?


ツイッターの反応。


そもそも、なぜ残業前提なのか。

今回の規制には「経団連」とかいう組織が関わっているそうです。経営者の集まりですね。「わが国の代表的な企業1,340社、製造業やサービス業等の主要な業種別全国団体109団体、地方別経済団体47団体などから構成されています」とのこと。

へー……経団連を構成する企業って、従業員に過労死ラインを超えた残業させないと、まともに利益を出すこともできないんですね


驚くべきほど、経営者として無能じゃないですか、それ。

死んでしまうレベルで働いてもらわないと、利益出ないの?労働者を奴隷かなにかと勘違いしてるんですかね?

「残業規制をすると中小企業が潰れる!」みたいな意見もあるようですが……。

この程度の規制で潰れるような会社は、そもそもビジネスモデルが腐ってるので潰れてもらいましょう。当たり前ですよ、そんなの。ビジネスなんだから。

こればかりは、仕方ありません。働く人が死ぬよりマシです。

別に会社が潰れても、経営者は死なないでいいわけですから。「有限責任」のすばらしさです。


炭鉱労働者の時代じゃあるまいし、今は生産性を高める方法はたくさんあるんですよ。

高度に発達した資本主義市場では、労働時間(労働力)と利益は比例しません。

Appleなんか、従業員1人あたり2億円の利益を出しているそうですよ。経団連も見習ったらどうでしょう?


若い人たちが「労働」ごときで殺されることがない世界を、一刻も早く実現したいですね……。

関連記事:「長時間労働」という絶対悪。デメリットを羅列しよう。

あわせて読みたい

「残業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  2. 2

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  3. 3

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  4. 4

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  5. 5

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  6. 6

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  7. 7

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

  8. 8

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  9. 9

    地銀の総合スーパー化という脅威

    シェアーズカフェ・オンライン

  10. 10

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。