記事

日本最高のフェミニストをあまり困らせないことですね

日本最高のフェミニスト、とつづめているが、日本の最高の地位にあるフェミニスト、というくらいの意味に取っていただければいい。

安倍総理は、総理夫人も稲田さんも徹底的にカバーするようだ。
窮地に立った女性を自分自身では追い込まないで、むしろカバーするところなど世間のガサツな男どもは見習った方がいいかも知れない。

いつまでカバーし続けることが出来るかなと思わないでもないが、まずは男の鏡だろう、ぐらいのことは言っておいた方がいいかも知れない。
(もっとも、一見嫋やかそうに見えて実際は強かな人が世間には増えているから、女性だからと言ってむやみやたらに擁護しない方がいい時もあるのだが。)

肝腎の女性の側は、甘えない方がいい。

稲田さんは、周りの方が舌打ちしているのが分からないような鈍感な人では決してないとは思うが、やはりここはしっかり自分で自分の身を正された方がいいだろう。

自分の記憶だけを頼りに答弁したら実は間違いだったというのは、実に恥ずべきことなんだ、という感覚ぐらいは持ち合わせて欲しい。
ことさらに嘘を吐いたつもりはない、記憶にある通り答えたのだから虚偽答弁などではない、と弁解されているが、如何にも見苦しい。
稲田さんのご主人が一定期間森友学園の顧問弁護士をしていた、などという事実はご主人に確認すれば簡単に分かったはずである。

森友学園はある筋では有名なところであり、稲田さんが森友学園の理事長とは何の面識もないように言っておられたのが、如何にも不都合である。
国会で仮に間違ったことを述べたとしても、直ちにそれだけで何らかの法規範に違反していると見做されるわけではないが、国会で事実でないことが事実であるかのごとく取り扱われたり、虚偽の主張や陳述がなんらの検証もされずにそのまま事実であるかのように罷り通るようになると、国会の権威が落ちることは間違いない。

深刻な事態に直面していることを自覚されるべきだろう。

この問題についてはいずれ議院運営委員会で議論されることになると思うが、閣僚の答弁は慎重の上にも慎重を期して欲しいものである。

安倍総理は総理夫人と稲田さんを最後までカバーするようだが、稲田さんはそれに甘えてはいけない、ということを、再度申し上げておく。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  5. 5

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  7. 7

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  8. 8

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  9. 9

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  10. 10

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。