記事

百条委員会に続き、荒れて終わらない予算特別委員会…議員の役割・責任を自問自答する

ここのところ百条委員会は理事会が揉めに揉め、時間通りに終わったことがありませんが、今日は予算特別委員会でもトラブルが。

今回の件で言い争いになっている自民党・共産党のどちらの肩を持つつもりもありませんが、はっきりしているのは

「委員会を終えて、職員さんたちを帰してからやるべきだ」

ということです。両角都議のツイートにある通り、自民党の申し出による急きょの理事会開催→紛糾によって3時間近くも委員会が停滞し、委員会の終了目処は0時前になっています。

予算特別委員会は、都庁全局にまたがる質疑が行われるので、非常に多くの理事者(都庁幹部)が出席しています。予算委員会の席は常にびっしりと埋まり、数十名~100名くらいにはなるでしょうか。

幹部が残っているということは当然、その裏側にいる一般職員も帰れないわけで、0時近くまでそれらの人を拘束することになります。無論、残業代も発生するでしょう。

何か都知事や理事者側の答弁に問題があったのならともかく、議会側の委員同士の言い争い。これだけ大量の職員さんたちに負荷をかけ、コストまで発生させて、いったい何をやっているのでしょうか…。

ただでさえ現在は百条委員会が開催され、資料要求によって各局に大量の資料を捜索・提出させて、休日に議会局スタッフを総出で出席させている最中です。厳しい声も多数いただいています。

民意の代表者たる議員たちが動くことで、その一挙手一投足に都職員たちが振り回されるからこそ、我々はその立場に謙虚で抑制的であらなければなりません。

ここまでして一体わたしたちは、それに見合うだけの質問や政策提言、あるいは追及がしっかりできているのか…と考えると悶々とする日々ですが、彼らの労力と努力を無駄にしないためにも、しっかりとやりきって報いるしかありません。

5786976795693

本日もダンボール約15箱分の追加資料が届きました。各局が時間をかけて探し出し、提出してもらった資料。心してすべてに目を通させていただきたいと思います。こちらも大変だけど、職員さんはもっと大変なのですから。

それでは、また明日。

ギャル男でもわかる政治の話

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する




おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  3. 3

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  4. 4

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  7. 7

    小池都政 LED事業の厳しい現況

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    よしのり氏「変節」報道に反論

    小林よしのり

  9. 9

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  10. 10

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。