記事

WBCの存続決定するも、悩み深い監督と選手の人選 - 赤坂英一 (スポーツライター)

 昨年12月22日付本欄で(『WBCは今回で打ち切り?』)で消滅が取り沙汰されているとお伝えしたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)、どうやら次回以降も存続することが決定したようだ。去る7日、1次ラウンド・B組視察のために来日した米大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーが日本外国特派員協会の記者会見で、「選手が母国を代表して戦う貴重なイベント。毎回成長を続けている」と明言。米マスコミの〝打ち切り報道〟にも、「なぜそんな話が出たのかわからない」と完全否定したのである。

 WBCが〝真の野球世界一〟を決める大会か否か、ファンやマスコミのみならず、日本の球界にも懐疑的な意見の持ち主は少なくない。中日監督時代の2009年、侍ジャパンに選手を供出しなかった落合博満氏はその最たる例だろう。しかし、その半面、1次、2次ラウンドが開催された東京ドームに足を運ぶと、最初のころよりかなり国際試合らしい権威と雰囲気が感じられるようになったのも確かだ。

 関係者用の入り口では、空港の保安検査所さながらに、大会関係者も報道関係者も必ず手荷物や所持品のX線検査を受け、金属探知機のゲートをくぐらなければならない。球場の中はベンチ裏も観客席も大勢の外国人たちでごった返し、内野スタンドには参加国の実況中継のための放送ブースもつくられている。試合後の会見になると同時通訳のイヤホンが用意されていて、海外メディアの記者からも盛んに質問が飛ぶ。そんな現場には、国内のリーグ戦や日本シリーズとは違う、一種独特の緊張感が漂っている。

 スタンドの応援やにぎわいぶりも、日本のファンが見慣れた風景とは大いに異なる。

 ジャパンの攻撃の最中は、ふだんのリーグ戦と違ってレフト側からもライト側からも鳴り物入りの応援が沸き起こり、耳を聾せんばかり。一方、相手国の攻撃になると、内野スタンドに陣取る日本在住、及び滞在中の同国人が自分たちの声だけで懸命に声援を送る。日本式に選手の名前を連呼するキューバ人がいたり、派手なフェイスペインティングをしたオーストラリア人がいたり、見ているだけでもなかなか楽しい。

 このときは、投手の投球が捕手のミットに収まる音、打者がその球を打ったときの打球音がはっきり聞こえる。その打球がヒットになると、外国人たちが声を限りに喜びを表現する。これが野球の応援の原点かもしれないと、50代半ばの私などは思う。

 しかし、このようにしてWBCが世界各国の野球ファンに認知されてくると、ジャパンの監督にかかる責任も重大。小久保裕紀監督が就任以来、常々強調しているプレッシャーも、今後はますますふくらむに違いない。

 振り返れば、06年第1回大会は、「本気でやっているのは日本と韓国とキューバだけ」と揶揄されていた。09年第2回大会以降も本場メジャーリーグのスター選手はほとんど参加せず、13年第3回大会前は日本の選手会も収益金の配分に不満を唱え、一時不参加を表明したほど。が、「これからはどこの国もいままで以上に真剣に勝ちにくるはず」と日本代表に参加した経験を持つ日本の球界OBが、苦笑交じりにこう言っていた。

強敵は増える、選手集めは思うようにならない

 「今大会では日本のライバル韓国が1次ラウンドで敗れ、キューバも苦戦が続いている。そのスキを突くようにイスラエルが台頭し、1次ラウンド・A組で3連勝した。もともと地力のあるC組のドミニカ、D組でメキシコをくだしたイタリアも侮れない。自分たちも世界一になれるチャンスがあるという手応えをつかんだからには、今大会だけでなく将来的にも、もっとWBCやオリンピックに本腰を入れてくるだろう。だから日本ももっと代表チームを強化するべきなんだが、これがなかなか難しそうなんだ。例えばの話、日本ハムの大谷翔平も、メジャーに行っちゃったら、侍ジャパンに参加するかどうか」

 強敵は増える、選手集めは思うようにならない、それでいてプレッシャーは大きくなる一方となると、侍ジャパンの監督も大変だ。そうした事態を見据えてか、「一番いいのは、(今後は)もう隠居したような人を監督にしたらいいんだよ」と発言していたのは、第1回の監督を務めた王貞治・ソフトバンク球団会長である(3月7日付日刊スポーツ)。

あわせて読みたい

「WBC」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    獣医学部めぐり総理が自爆発言

    郷原信郎

  2. 2

    人の訃報を話して安堵する人々

    山本直人

  3. 3

    野田佳彦、中国ではいまも極悪人

    NEWSポストセブン

  4. 4

    星野源になれない男たちの嫉妬

    幻冬舎plus

  5. 5

    「死」に向かう日本の実写映画

    吉川圭三

  6. 6

    維新の会 除名で勢力拡大は困難?

    早川忠孝

  7. 7

    ATMだけで成功 セブン銀行の戦略

    PRESIDENT Online

  8. 8

    豊田氏暴言の「有権者」に疑問

    赤木智弘

  9. 9

    婚活中のズレた37歳女に非難殺到

    キャリコネニュース

  10. 10

    なぜ各新聞で内閣支持率が違うか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。