記事

稲田大臣の弁護士時代を追及は筋違い

森友学園の国有地取得について問題となるのは、政治家の口利きがあったかどうか。

これについてはこれまで出てきていない。

稲田防衛大臣が議員になる前の10年以上前の弁護士活動について野党が追及しているが、筋の違う話だ。

10年以上も前の話で、関係も切れているのに、さも関係あるかのように述べるのは印象操作。

稲田大臣が確認せず記憶で答弁したのは、しっかりと確認してから答弁すべきであったが、民進党は辞任せよと言うなら二重国籍問題でいまだ国民に説明責任を果たしていない蓮舫代表が辞任してから言うべきではないか?

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    麻央さんに関する記事表題に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレビの報道が信頼されないワケ

    メディアゴン

  4. 4

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    共産党と公明党「因縁」の歴史

    蓬莱藤乃

  7. 7

    菅元総理が維新の二の舞と苦言

    菅直人

  8. 8

    石破氏「暴言は人間性の問題」

    石破茂

  9. 9

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。