記事

稲田大臣の弁護士時代を追及は筋違い

森友学園の国有地取得について問題となるのは、政治家の口利きがあったかどうか。

これについてはこれまで出てきていない。

稲田防衛大臣が議員になる前の10年以上前の弁護士活動について野党が追及しているが、筋の違う話だ。

10年以上も前の話で、関係も切れているのに、さも関係あるかのように述べるのは印象操作。

稲田大臣が確認せず記憶で答弁したのは、しっかりと確認してから答弁すべきであったが、民進党は辞任せよと言うなら二重国籍問題でいまだ国民に説明責任を果たしていない蓮舫代表が辞任してから言うべきではないか?

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日大「誤解招いた」は最悪の謝罪

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    よしのり氏「日大の選手は正直」

    小林よしのり

  3. 3

    眞子さまカメラ拒絶に心配の声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    総理の関与を証明した加計新文書

    宮崎タケシ

  5. 5

    要望無視 日大選手TV中継に批判

    女性自身

  6. 6

    世の常識に抗えた日大選手の若さ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    宗男氏 愛媛県知事の人間性疑う

    鈴木宗男

  8. 8

    「壇蜜に」露出求める大人の甘言

    倉持由香

  9. 9

    武井壮 日大選手の会見に「闇」

    キャリコネニュース

  10. 10

    橋下氏 カンパ募る弁護士は下品

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。