記事

Facebookのレイバン詐欺の手法が変わりました。ご注意ください。

本日はメルマガとnoteの日。

1 印刷事業会社の実店舗への来店者数を増やすには
2 台湾で加圧トレーニングジムを展開できるか
3 地方の無名Webスクールの集客方法
4 ニセコの観光サイトはビジネスに繋げられるか
5 わたしが加入している自動車保険について
6 人間関係の「ゆるい繋がり」について思うこと

です。まぐまぐ!またはBLOGOS、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

最近でもFacebookの乗っ取りは変わらず、最近多いのは

1 Facebookアカウントを乗っ取る

2 友人一覧を取得

3 メッセンジャーで以下のを送る


画像はここ↓から借りました。

【注意】 SMS認証番号を聞き出す詐欺にご注意ください

4 認証番号を聞き出したらLINEを乗っ取って例のAmazonの電子マネーを搾取するメッセージを一斉配信

あのな・・・・

2段階認証しないならFacebookやめろ!!

その前に

使い回しのパスワードでソーシャルやめろ!!

なわけです。自分が面倒くさいとかわからないという前提で、他人に迷惑を掛けるくらいなら、迷惑かける前にソーシャルはやるべきではない。認証番号送る方も送る方なんだが、そもそもFacebook乗っ取られるほうが悪いだろう。「いまはもうやってないから」というなら放置しないで退会です。放置自転車で火事の時に消防車が入れない的なことになっとる。

で、数日前からまた新しい手法が出てきましたので、ご報告します。

投稿に中華IDがレスしてくる

こんな感じ。

1 友人数、フォロワー数多い人をフォローする

2 試しに投稿にレスしてみる

写真からして篠田麻里子なのだが、台湾とあったので放置していた。中国語で「下を見ろ」みたいな意味かな。で、数回これを繰り返して削除されないとみると・・・(こちら油断なく監視してました)


来ました。レイバン詐欺サイト。

このほかのいろんな中国語IDが削除しても次々投稿してきます。日本名になってるけど見に行くと投稿はせいぜいひとつで中国語。例の中国詐欺団です。削除したりブロックだけだと他に被害が及ぶので、とりあえずアカウントを報告してbanしてもらう。

で、なんでこんなことをするかというとですね。
Facebookアカウントを乗っ取ってそのアカウントでレイバン詐欺を投稿しても、乗っ取っているということがバレる。であればフォロワーや友人が多い人の投稿にレスする形で投稿すれば、たくさんの人の目に触れるはずだ、というお馬鹿な考えだと思うんです。
また、他人のフィードにそのまま投稿すると、Facebookの仕様上「削除」からスパム報告がすぐできてしまう。しかし投稿にレスする形だと削除のみで報告まではダイレクトにできないからだと思われます。

自分の場合は投稿に付いたレスはほぼ見てますので、こういうようなのはすぐ削除できますが、フォロワー数、友人数が多くても書いたら書きっぱなしでレスを見ない芸能人、政治家的な人は、おそらくスパム投稿されまくるはずです。
そんなわけで

1 SNSアカウント残すならちゃんと2段階認証

2 ほとんどやらないなら迷惑かける前に退会

3 リテラシー低い友人は防衛のために友人切る

というソーシャル専守防衛のための平和三原則を徹底させたほうがいいと思います。現場からは以上です。

コレ前に買ったんだけど、Kindleの本日のセールで199円になってる。自分というキャラクターの立ち位置をどうするか的に読むと面白いですよ。自分はまあ、素のままで行く方針なんですが。

あわせて読みたい

「乗っ取り」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  4. 4

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  7. 7

    金正恩夫人の男性スキャンダル

    高英起

  8. 8

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  9. 9

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  10. 10

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。