記事
  • ヒロ

東芝を再生させよう

東芝にまつわる悲痛なニュースの連続に、さてこれはどうしたものか、と最近改めて考えています。過去の経営判断の誤り、組織の体質という本質問題に海外原発事業という余りにも根が深く、底なし沼にもがく現経営陣をみていると悲惨以外の何物でもありません。もはやこの会社を批判している場合ではない気がしています。

大多数の媒体は日々上がってくるニュースを追っていますので事実関係としてはあらかた分かっているのですが、今、この会社を大所高所から見てどうすべきかと考えられる人はほとんどいないのではないでしょうか?それぐらい本件に巻き込まれている関係者が多いのです。

役人側からは東芝のおかげで日米関係の対応に追われるぐらいのボヤキが聞こえてくるでしょうし、麻生大臣からはウエスチングハウスの破産処理を月内に決めるのではないか、という割と他人行儀な発言も聞こえました。銀行は今後の処置について他行との足並みを含め、社内調整で大わらわでしょう。顧客は商品の安定供給に不安を持っているかもしれません。

ことの流れを冷静に受け止めれば上場廃止は確かに視野に入っています。私は2月1日付ブログで東芝の二部降格は確実、上場廃止もありうると述べていますが、その方向に確実に進んでいます。東証は同社株を特設注意市場銘柄から監理銘柄に移す決定を行いました。当然の判断だと思います。特設注意市場から外れるためには十分な改善が行われたと納得できる説明が必要ですが、東芝の場合、もっと悪化したわけですからやむを得ません。

では同社をこのまま放置してよいのか、でありますが、日本経済に多大なる影響を与えることを鑑み、早急なる手当をすべきであろうと考えます。つまり、一企業の問題として麻生大臣の他人事のようなスタンスではなく、経産省と財務省がタッグを組むか、内閣府がダイレクトで支える体制を取るべきでしょう。

同社経営陣は今、ウエスチングハウスの切り離しにすべての精力を傾けており、財務チームは資金調達と銀行説明に追われ、営業は今後の東芝について顧客からやんや言われているさなか、誰がビジョンを描くことが出来ましょうか?それ以上に何も知らされない一般社員はどういう気持ちでしょうか?

私の考えるプランとしては東芝が東芝の責任でウエスチングハウスの切り離しを行い、切り離し完了後、産業革新機構などのフルサポートを付け、東芝の残りの事業を確実に継続させるというコミットメントを政府が今すぐに行うべきだろうと思います。

上場については一旦廃止になってもシャープが短期間で東証一部昇格を目指しているようにうまくいけば数年で市場復帰は可能です。JALも苦渋を飲まされましたがREBORNすればよいのです。いったん、過去のしがらみを全部取り除き、新生東芝としてスタートさせるしかないでしょう。そのためにもよい部分と悪い部分は混ぜてはいけないのであります。よってウエスチングハウス切り離し後、もう一つ残る国内原発事業の処遇を決めなくてはいけないでしょう。

国内原発事業については同社、重工、日立などが主力で既存原発のメンテを行っておりますが、ニュアンスからは何処の会社も原発事業が頭痛の種となりつつあります。個人的にはそれら3社が日本国内の管理業務を行う共同出資会社をつくり、そこに移管するのが理想だと思います。

私が東芝を再生させなくはいけないと強く思ったのは従業員の数、その家族、関連会社の数というダイレクトなインパクトが余りにも大きいばかりか、「東芝よ、お前もか」となることで日本の電機業界への精神的ダメージが大きすぎるからであります。

JALも潰れる前は確かに横柄で上から目線のビジネスをしていたと思います。CAの雰囲気が「私はJALよ!」といういらぬプライドが漂ってくるようでありました。日産だってそうでした。かつてはトヨタは名古屋の田舎会社、東京を制する日産に勝利アリと言っていたぐらいなのです。東芝も全く同じなんです。「誰でも知っているサザエさんのスポンサーのあの会社ね」がとにかくあらゆるものに見境なく手を出していった原因です。日立とのライバル心が丸見えというのもあったでしょう。

しかし、日産もJALも再生しました。(日産については病気が再発した気がしますが。)シャープのドタバタの際には私はスポンサーは鴻海が正解、と主張しました。シャープの社風が産業革新機構のスタイルと全然合わなかったからです。但し、東芝はそのスタイルで行けるはずです。いつまでも外資の世話になるわけにはいきません。国内総力を挙げて東芝を救う体制を整えるべきでしょう。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「東芝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  8. 8

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    エプソン 腕時計市場参入の狙い

    PRESIDENT Online

  10. 10

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。