記事

【読書感想】教養としての「世界史」の読み方

1/2

教養としての「世界史」の読み方

教養としての「世界史」の読み方

内容紹介

「混迷の現代」を読み解くカギは「歴史」の中にある。古代ローマ史研究の第一人者によるはじめての世界史講義。

教養としての「世界史」の読み方とは、「歴史に学ぶ」ということ、「過去と現在との関わり合いを知る」ということ。東京大学教養学部で28年間、教鞭をとった著者が教養として世界史をどう読むかを教える1冊。

文明の発祥、古代ローマとの比較史、同時代史、民族移動、宗教、共和思想……、世界史を読み解く上で大切な視点を新説や持論を織り交ぜて、わかりやすく、面白く講義する。

(目次より)第1章 文明はなぜ大河の畔から発祥したのか/第2章 ローマとの比較で見えてくる世界/第3章 世界では同じことが「同時」に起こる/第4章 なぜ人は大移動するのか/第5章 宗教を抜きに歴史は語れない/第6章 共和政から日本と西洋の違いがわかる/第7章 すべての歴史は「現代史」である

 歴史家・古代ローマ史研究の第一人者である著者による「世界史」の学びかた。

 最近、「世界史」ブームなのか、山川出版の教科書から、池上彰さんと佐藤優さんによる「世界史」に関する新書、さらに、歴史・読書マニアだという経営者・出口治明さんの『仕事に効く教養としての「世界史」』など、さまざまな「世界史本」が出ています。中公文庫のマクニール『世界史』もけっこう話題になりましたよね。

 そんななかで、著者は「歴史学者」として、思うところがあったそうです。

 なぜ、本職であるはずの歴史学者たちは、いま、このタイミングで「歴史」を語ろうとしないのか?

   著者は「はじめに」で、こう述べています。

 これが医学や物理学の話になると、まずは専門家が出てくるはずです。ところが、歴史となると、広く理解しやすいせいか、専門の歴史家が前面から退いているように見えます。

 ここでいう歴史家とは、実証史学の訓練を受けた狭義の研究者という意味です。これらの歴史家の多くは自分の狭い領域に閉じこもって、専門を異にする他の時代や地域について口を挟みたくないという気持ちがあるようです。間違ったことを言うのを憚るという良心のささやきはよく理解できます。

 しかしながら、狭義の歴史家だからこそよく見える出来事もあるはずです。筆者は狭義の歴史家としてはローマ史の研究家ですが、ときには現代に生きる日本人として狭義の専門をこえて語るのも恥じるべきではないと思っています。専門研究と人生の経験を積み重ねた自分だからこそ視界にはいる歴史もあるはずです。それについて世界史という文脈で考えることも大切だと思います。

 「医学」はさておき、「医療」については、専門家以外の人もけっこういろんなことを仰っている、と僕は感じているのですが、専門家であるからこそ、自分の限界を知っていて、その中に閉じこもってしまいがちだというのは、わかるような気がします。

 何かをある程度極めようとすれば、「自信が持てる範囲」というのは、そんなに広くはならないのが普通です。

 そして、その範囲から踏み出して、間違ったことを言ってしまうと「専門家のくせに」と責められてしまう。

 そもそも、学問の世界というのは、自分の専門をはみ出してくる人を、あまり歓迎しないことが多いですし。

 というわけで、「歴史家」の多くは、論文や専門書で仲間から評価されることに重きを置かざるをえないことになるのです。

 今回、著者が、あえてそのしがらみを振り切って、この本を書いたことには敬意を表します。

 国際人として、いえ、それ以前に社会人として、教養は語学力以上に大切です。

 そう思ったときに問題になるのが、国際社会における「教養」とは何か、つまりグローバルスタンダードの「教養」とは何か、ということです。

 これについては、異なる意見をお持ちの方もいるかもしれませんが、私はグローバルスタンダードの「教養」は、「古典」と「世界史」だと思っています。

 「古典」は真理を教えてくれる貴重なものですが、「歴史に学ぶ」ということは、ただ本を読んで理解するだけではありません。

 どうすれば「歴史に学ぶ」ことができるのでしょう。

 実は、これは私自身がずっと持ち続けてきた問いでもあります。

 ただ歴史書を読み、年号や出来事、人物の名前を覚えたとしても、それだけでは歴史に学んだことにはなりません。

 私がそう思うようになったのは、高校生のときに読んだ『歴史哲学講義(ヘーゲル著・鬼頭英一訳・春秋社/上下巻)という本に、次のような言葉があったからでした。

 経験と歴史が教えてくれるのは、民衆や政府が歴史から何かを学ぶといったことは一度たりともなく、また歴史からひきだされた教訓にしたがって行動したことなどまったくない、ということです。

 『歴史哲学講義』は、19世紀のドイツを代表する哲学者ゲオルグ・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(1770〜1831)の講義をまとめたものです。

 この言葉が意味しているのは、集団としての人間は、いまだかつて歴史から学ぶことができていない、ということです。確かに、人類はその歴史の中で、何度も同じような過ちを繰り返してきています。

 歴史について考えるとき、私はいつもこの言葉が脳裏に浮かぶのです。

 そして同時に、一つの疑問が浮かびます。

 それは、集団としての人間は歴史に学べなくても、個人としてであれば、人は歴史の教訓にしたがって生きることができるのではないか、ということです。

 この本を読みながら、人類の歴史、そして、ローマの歴史や日本の歴史について考えていくと、「人は歴史に学ぶことができない」一方で、それはある意味「歴史を学ぶことによって、人はどんな過ちをおかしやすいのか、予想することができる」とも言えそうです。

 そして、人間が言葉や宗教を持ってからの時間というのは、人類の歴史にとっては、まだほんの短い間のことで、少しずつでも、改善の余地はあるのかもしれない、と思うんですよね。

 ひとりの人間というのは、どうしても、自分が生きている時代を「最先端」だと考えがちですし、そう思わないとやってられない、というところもあるのですが、おそらく、すべての時代の人が、同じように考えて生きてきたのです。

 この本でも最後の第7章に「すべての歴史は『現代史』である」という章が置かれています。

 歴史というのは、それを読み解く時代の感覚で「理不尽だ」と断罪されがちだけれど、実際に起こっていた時代には、それなりの「合理性」とか「理由」があるものなんですよね。

 とはいえ、「じゃあ、奴隷制だって、いまの感覚でOKということにすれば、許されるの?」と問われたら、「そういうわけにはいかない」としか言いようがないのですが。

あわせて読みたい

「歴史学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    サウジ記者 遺体解体する音声も

    WEDGE Infinity

  4. 4

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  7. 7

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  8. 8

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  9. 9

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  10. 10

    石破茂氏 自民党の改憲案に疑問

    石破茂

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。