記事

森友学園への関与、PKOの突然の撤退「稲田氏に防衛大臣としての資格なし」大串政調会長

 大串博志政務調査会長は14日、定例の記者会見を国会内で開いた。

 森友学園問題に対する政府の対応については、「籠池理事長の参考人招致は不可避だが、未だに拒否し続けている。さらに稲田防衛大臣は『学園側の顧問弁護士であったことはない、法律相談も受けていない』と関係を否定したが、訴訟代理人になっていることや、大阪地裁に出廷していたことも明らかだ。国有地払い下げや学校法人の運営に横から圧力がかかっていたのではという疑念に対して、関係性があったと示す証拠が出てきている」と指摘した。

 南スーダンPKOの突然の撤退について、「理由は『治安状況の変化ではない』と言いながら『整備活動の一区切り』というのは、いかにもとってつけた理由だ。これも治安状況の悪化によるということを覆い隠そうとしているのではないか。これらをみても『稲田大臣の防衛大臣としての資格はなし』と言わざるを得ない。辞任に値するという観点から厳しく追及していく。なお南スーダンPKOに関しては、私たちが数週間前から『シビリアンコントロールが全く効いていない状況でPKOの継続はありえない、撤収すべし』と言っていた。これが遅くなったが実現していることも付け加えておきたい」と述べた。

 また働き方改革に関しては、「話し合いを重ねて、長時間労働の規制に関して一定の合意に到達しつつあることは敬意を表したいが、ひと月あたりの残業時間の上限が『100時間』であることに対しては慎重な態度を取ってきた。『100時間未満』でも長いと言わざるを得ない。これから検討される長時間労働規制の全体像や、長時間労働規制とは矛盾する『残業代ゼロ法案』との関係はどうなるのか等、本当に実効性のある長時間労働規制となるのか、きっちり精査していきたい」と強調した。

民進党広報局

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    蓮舫氏こそ証人喚問を受けては?

    和田政宗

  2. 2

    籠池氏が嘘でも昭恵氏は捜査対象

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  3. 3

    "満足度の高い"車選びのポイント

    BLOGOS編集部PR企画

  4. 4

    タワマン買いたくない3つの理由

    内藤忍

  5. 5

    外国人の医療費踏み倒しが深刻化

    中田宏

  6. 6

    "政治家関与なし"議員が資料公開

    和田政宗

  7. 7

    証人喚問 100万寄付は本当では?

    小林よしのり

  8. 8

    職員のFAX "敷地購入に影響した"

    THE PAGE

  9. 9

    朝日新聞が廃刊したら誰が困るか

    幻冬舎plus

  10. 10

    iPhone「容量不足」の解消法は?

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。