記事

稲田さんの後を石破さんが引き継いでくれれば、しばらくは安倍内閣も安泰になるだろうが

北朝鮮がどういう動きを示すかよく分からない時だから、私としては石破さんになんとか防衛大臣を引き受けてもらいたいと思っているのだが、さて、官邸にはそういう気があるだろうか。

如何せん稲田さんには荷が重過ぎるだろうと思う。

防衛族と言われる人はそれなりに自民党の中に育っているのだが、この人に任せておけばまあ安心だろう、と思う人は、私にとっては石破さん一人である。

稲田さんを育てるつもりで安倍総理はこれまで稲田さんを重用してきたのだろうが、どうも日本は非常時に備える必要がありそうだ。
六法を見ながらあれやこれや理屈を考えるのでは対処できない事態が次々と発生することもあるかも知れない。

軍事オタクと言われ、博士と呼ばれるほどに自衛隊のことについて知っている石破さんほど、今の事態に相応しい人はいない。

稲田さんの記憶違いや勘違い、不適切な国会答弁などを一々論わないで、ここは国民の安心、安全のために最も適任だと思われる人を防衛大臣に登用するところだろう。
さて、石破さんが引き受けてくれるか。

私だったら、三顧の礼を尽くしてお願いするところだが。

あわせて読みたい

「石破茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

  4. 4

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  5. 5

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  6. 6

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  7. 7

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

  8. 8

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  9. 9

    女性専用車両の発想は差別と類似

    山口浩

  10. 10

    小平に「獣」発言は失礼だったか

    沢利之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。