記事

政治家、官僚の嘘がすぐバレる 時代が違うんだからやり方を変えなきゃ

森友問題でわかったこと。本当今の官僚や政治家の嘘が下手、すぐにバレてしまうということでしょうか。まあネットの社会ですから仕方ないのですが、下手に隠そうとすることが後々大変なことになることが理解できないんでしょうね。もう昔の白洲次郎のような人は出てこないのでしょう。

それにしても稲田朋美大臣。なんですぐにバレる嘘をつくかな。(稲田防衛相 出廷記録あった「森友の顧問弁護士じゃない」はウソ)この人弁護士ですよね。自分を冷静に判断できないということが証明されてしまいましたが、自己弁護もできない弁護士が国との交渉を行う政治家なんてありえない。民進党の攻めが国会でやるべきことかどうかは置いといて、今回彼女は前回の涙と同様明らかに墓穴を掘りました。

そして官僚答弁「法的に遵守されている」という数々の発言も、あの高橋さんにボロクソ言われています。(森友学園に関する私の発言に、財務省が抗議してきたので反論しよう 官僚にこんなに裁量があっていいのか?

本当あの安倍首相ですら興奮してしまういやらしい攻撃、印象操作。まさに刑事の取り調べですが、今まで微動だにしなかった安倍政権が少し揺らいでいます。それは国益とは全く関係ない「友達が悪い人」だったというつまらないことですが。

それでも国民は印象操作に弱いですから少し戦略を変えないといけないのではないでしょうか。スキャンダルで政治が変わるのは隣の国だけで十分です。

根拠のない免疫治療を行っている病院のCMがどうしてもブログ画面に出てしまっているようです。(それこそヤフーのCMにも出ているくらいだから仕方ありませんが)全く関与していませんし、彼らの治療を基本否定していることを念のため書かせていただきます。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国が密かに米朝開戦の準備か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    松居一代に引っかかったマスコミ

    大西宏

  3. 3

    退位までに韓国訪問を願う両陛下

    NEWSポストセブン

  4. 4

    アラフォーは一生貧困?NHKに反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    体外受精はセックスに当たるのか

    井戸まさえ

  6. 6

    社員寮で暮らす敏腕シャープ社長

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  8. 8

    希望に支持が集まらないのは当然

    早川忠孝

  9. 9

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

  10. 10

    田原氏 米国批判なき日本は問題

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。