記事

英EU離脱に伴う銀行移転、パリが誘致へ新広告 懸念解消目指す

[パリ 10日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱に備え、パリやフランクフルト、ダブリンなどがロンドンに拠点を置く金融機関の移転誘致を目指す中、パリが今月、銀行関係者の懸念払拭(ふっしょく)に向けて新たな広告を打ち出した。

パリとその周辺地域で構成するイル・ド・フランス地域圏は、誘致のための広告キャンペーンを昨夏からロンドンで実施している。

フランスの当局者は企業が同国の厳しい労働法を敬遠する可能性があることを認めており、銀行関係者も雇用者が負担する人件費の高さや税制の頻繁な変更などが懸念材料だとしている。

新たな広告ではこうした懸念の一部を払拭することに努めており、フランスの労働慣行などに対する偏見を解くことを目指している。

キャンペーンの関係者は、4─5月の仏大統領選を巡る不透明感も企業が決定をためらう理由の一つになっていると指摘した。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  3. 3

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    父が殺人犯に 加害者家族の現実

    fujipon

  5. 5

    大企業の不正「なれ合い」が原因

    田原総一朗

  6. 6

    「結婚は人生で1回だけ」に疑問

    AbemaTIMES

  7. 7

    ビットコイン先物でバブル崩壊も

    藤沢数希

  8. 8

    高齢夫婦の海外旅行は避けるべき

    PRESIDENT Online

  9. 9

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    就職人気企業 電通が26位に降格

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。