記事

予算委員会にて…

私が委員を務める参議院予算委員会において、平成29年度一般会計予算の審議が終盤に差し掛かっています。

しかし、野党からの質疑の内容は皆さんご存知の国有地払下げ問題、一色となってしまっています。
やはり、予算委員会なのだから、予算についてしっかり話し合うべきなのではと思います。

2017年度の一般会計予算を見て、私はこの国の財政にますます危うさを感じます。
新たな借金が34.4兆円。365日で割ると、一日941億円。
つまり、ほぼ毎日約1,000億円の借金を来年も積み重ねますよ、という予算な訳です。

「国債発⾏額は引き続き縮減した(前年度から▲622億円)」と財務省は言っているわけですが、縮減額は0.2%、たった一日分にすぎません。

一般会計予算の総額は過去最大の97.4兆円。
プライマリーバランスは10.8兆円の赤字です。
安倍首相の掲げる「2020年プライマリーバランス黒字化」はもはや風前の灯火です。

しかも、今回の予算は国債金利1.1%という最低基準の中で成立しています。
長期金利が急騰すれば、利払い費だけで税収など吹き飛んでしまいます。

個人であれ、企業であれ、国であれ、恒常的に収入よりも支出のほうが多ければ、いずれ破産するのは当たり前です。

収入よりも支出が多い、この状況をどう打破するか。
どうやってもっと稼ぐのか、どうやって社会保障費含め支出を抑えるのかを与党も野党も知恵を出し、ときに国民に対して「これは我慢してください」と耳の痛い提案をする。

これこそが予算委員会の役目であって、それが出来なければこの国の財政は破綻してしまいます。
そんな思いで予算委員会に参加しています。

あわせて読みたい

「予算委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    籠池氏「100万円」偽証の可能性

    和田政宗

  10. 10

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。