記事

2015年に1億未満の調達を実施した72社の行方:4社がM&A済

一部でコアなファンがいる?と思われる、過去調達企業たちの検証記事。

今回は2015年に1億未満の調達を実施した72社を対象(各テックメディアにリリースがあった企業をまとめていますが、当然ながら資金調達のリリースを出していない企業もあるため、網羅性は全然完璧ではないことをご了承ください)として、その後を追いました。

数千万円調達でスタートアップが持つのは半年からせいぜい1年半。よって、2015年上期で数千万円調達した企業は、順当であれば次のラウンドの調達に進んでいるはずです。

weak

対象企業数:72社
M&A済企業数:5社
次ラウンド1億以上資金調達企業数:24社
次ラウンド1億未満資金調達企業数:3社
次ラウンド未確認企業数:40社

M&A済企業5社:ダークホースたち?

weak

5社とも買収金額は非公開なので、M&A発表時の各起業家の表情のほくほく具合を見て、買収金額を予想しました。

あくまで予想ですが、4社とも2015年の数千万円調達でのバリュエーションは2-4億程度の間ではないかと思います。ウィンクルは2016年1月にユナイテッド、iSGから9,000万円追加調達していますが、さほどバリュエーションを上げなければ、1桁億後半でのM&Aは可能。

フリップデスクは2015年9月にサクッと売っていますが、他の3社は2017年に入ってからの買収。しかも、えっ?そこかよ?という。シナプスのM&Aについては本誌ではかねてから予想していましたが。これらの買収を可能にしたのは、バリュエーションが控えめだったからではないかと感じます。

2017.3.12 15:00追記

インターネット広告配信のブランド保護、不正対策ツール提供のMomentum社がVoyageに2016年7月の持分適用化されていた件を見逃していました。20%の取得価格約0.6億円のため、バリュエーションは3億程度。

次ラウンド進出企業27社:ウェルスナビ、SmartHRなど

weak

ひょっとするとスマホだとかなり見にくいかもしれません。クリックすれば拡大できます。

24社全てではないですが解説していくと、最も目立っているのはウェルスナビでしょう。これだけガンガン二桁億調達している企業も、登記簿を見るに2015年7月ラウンドは5,000万の調達です。ちなみに当時の記事によると、IVPの小林さんが社外取締役就任とありますが、今はどうなっているのだろうか。

続いては順当にSmartHRが5億調達。B2B月額で手堅く、これはIPOいけるとTSでは判断。

大穴どころでは、VAZが2.1億調達。LINE LIVEなどで強いようです。若手起業家の森CEOが率いますが、SMEやホリプロを株主に迎え、この辺を相手に15-20億でのM&Aが実現すれば、大金星にも思えます。

TS予想は全社にはしておらず、判断しかねるところは空欄としましたが、M&Aでいうと、IoTの落し物センサーのMAMORIOや、ECのCVR向上のZenClerk、この辺りがあり得ると予想。

IPOかM&Aで判断しかねる注目銘柄だと、住宅ローン借り換えのモゲチェックがGCPが張っているという点と、明らかなニーズがあるサービスと感じたのと、中古車C2CのAncarは面白そうだと思います。単価が高いC2Cが成立すれば、手数料でスケールするのではと。中古車業界に強い方が運営していると聞き、このようなテクノロジー化が遅れている業界のインサイダーから参入するのは、勝率が高そうだと判断。

2017.3.12 15:00追記

VRスタートアップのDIVERSEも2016年6月に1.1億追加調達し、次のラウンドに進んでいました。

次ラウンド未確認企業40社:敗戦濃厚企業群

weak

weak

この群で頭一つ抜き出るスタートアップが出る確率は上記と比べるとかなり低いでしょう。モブキャスト出身の佐藤さんが手がけるスマートアプリとか、一見中途半端な調達は必要なさそうなシリアルアントレプレナーのサービスとかであれば、抜け出す可能性はありそう。

この群は半分近く私も「回収不能(もしくはさほど跳ねない)」判定が出来るのですが、界隈での知名度が高いのはカウモですかね。M&Aされる気がなさそうという声を、度々耳にします。

IVSで当時準優勝していたTreasure Boxに注目していたのですが、HPを見るとサービス名はQubenaに変更しているようです。AI型EdTechでタブレット使って自分だけの先生を〜というコンセプト。EdTechはQuipperの奇跡のEXIT以外は跳ねているのを見かけませんし、この企業もまだオフィスが三茶で資本金4,000万のままなんですよね。気になるけど、どうなのでしょうか。

以上です。

2015年数千万円調達企業72社からは、3社くらいのIPOと8社くらいのM&Aが出れば良いのではと。そう考えると、回収可能確率は15-20%くらいでしょうか。なかなかリアルな数字かと思います。数千万円調達企業の半分は消えゆく(もしくはリビングデッドな)運命ではないかと。

この手のデータは月額noteマガジン、ウメキワークス購入者への特典として資金調達及びIPOM&AデータGoogle Docs閲覧権限を付与しておりますので、たっぷりある生データに直接アクセスしたい方は、そちらの購入をオススメしております。数人でアクセス可能な法人契約も募集中です!

あわせて読みたい

「ベンチャー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    都顧問 小池都政なければ大混乱

    上山信一

  5. 5

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  7. 7

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  8. 8

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

  9. 9

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  10. 10

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。