記事

「3.11」を改めて語り合う“お互い様”の関係 震災支援者らが見る被災地

 東日本大震災から6年がたちました。例えば復興公営住宅の整備進捗は、この1月末時点で福島県61.9%、宮城県81.0%、岩手県76.3%。被災地で槌音が響かない日はなく、建物の再建は一歩一歩進んでいます。しかし、心の再建はどこまで進んでいるでしょうか。

 被災者、それぞれが抱える「3.11」。NPOをはじめとする支援者たちから見た7年目の被災地、被災者を探ります。

もう一歩踏み込んで震災の話を

[写真]「もう一歩踏み込んで震災の話を」と語るキャンドル・ジュンさん

「この6年間、被災地に足を運んでいて思うのは、3月11日当日について、以前より話す機会が減っているということです。むしろ、思い出に蓋をしているというか、語り合うことができなくなってきているように思います」

キャンドルアーティストのキャンドル・ジュンさんは、震災後、毎月の命日には欠かさずに福島でキャンドルイベントを行っています。ジュンさんは被災当日の話題が消えていくことについて、こう指摘します。

「周りも気を使って聞かなくなり、当日のことを語ることがなくなってしまっている。支援する側、される側という区別なく、みんながもう一歩踏み込んで話をするというのは、大事なことなんじゃないですかね」

通ううちに近づいた心の距離

[写真]南三陸町歌津地区の仮設集会場でのクレープ作り

「初めて被災地を見た時の衝撃は、言葉にならないです。あの光景を見て、細く長く活動を続けようと思いました」

 こう振り返るのは、6年間、毎月欠かさず宮城県南三陸町を訪れている災害復興支援団体「北町商店」代表の田辺聖一さん(43)です。北町商店は東京・四ツ谷の居酒屋。震災直後、「自分たちにできることは温かい食べ物を届けることだ」と思い立った田辺さんが、食料を持って行ったことが支援活動の始まりです。

 いまでも食べ物を届けながら、仮設住宅の訪問や農水産業などの手助けを行っています。そして6年。通い続けることで子どもたちと仲良くなり、成長を実感できるようになったといいます。

「6年前、子どもたちのストレスはすごかった。なかなか話しかけられなかったし、打ち解けるのにも時間がかかりました。避難所での生活は大変なストレスだったと思います。けど信頼関係もできると笑ってくれるし、おじちゃんおじちゃんとなついてきてくれる。中には社会人になって、東京に遊びに来てくれるようになった子もいます」

 6年という年月の中でポジティブな変化がある一方で、心配もあります。仮設に取り残される高齢者らの存在です。「6年たつと復興住宅もできて、そちらに引っ越す人も増えていきます。僕が回っている仮設住宅は8か所くらいありましたが、取り壊しの時期に入ったので、いまは半分以下。一方で、まだ仮設住宅に残る方もいて、そういう方たちのさびしさを思います」。

 田辺さんは、南三陸町の人たち、そして希望ある子どもたちを今後も仲間と支援していくつもりです。

聞き、語り、書いて次世代に

 NPO法人とみおか子ども未来ネットワークが行う聞き書きプロジェクト「おせっぺ とみおか」。語り部として参加する佐藤勝夫さん(62)は、震災後のふるさとにある危機感を持っています。

「震災のことばかり語っていたら、町に残る歴史が震災の話ばかりになってしまう。これから子ども、孫の世代になって本当に富岡町にみんなが帰ってくるようになって町のルーツを知ろうとしたときに、震災の歴史しかないと悲しい」

 福島県富岡町は、原発事故により全域が避難指示区域に指定された町です。2017年1月1日現在、1万4999人が避難しています(県内1万750人、県外4249人)。4月1日に一部地域を除き避難指示が解除される予定です。

[写真]「おせっぺ とみおか」に参加したみなさん

 「おせっぺ とみおか」とは、原発災害によって変貌する富岡町の地域文化を次世代に継承する目的で、避難者である中高生ら若者が同じ避難者である年配者にインタビューし、文字を起こして文章化するという事業。今年度で3回目を迎えました。キャンドル・ジュンさんがいう“語り合い”をまさに事業として行っているのです。

 3月4日、その成果発表会が都内で行われました。発表会では、語り手である高齢者と聞き手の若者によるディスカッションもありました。

 「私の“ふるさと”は富岡町ですけど、戻る戻らないではなく、自分が納得できる選択をしたいです」。聞き手の市村妃蘭さん(17)は、プロジェクトに参加した理由の一つに被災者であることの苦悩があったことを明かします。

「私は11歳の時に被災して東京に避難しましたが、田舎よりも東京で学校生活を送れる嬉しさのほうが勝っていました。でも被災者という立場が理解されず、友達からこれ以上踏み込めないとい言われることもありました。どこかで被災者であることが付きまとってくるんですね。だから参加して、お話を伺えて、どうやって生きていきたいか考えさせられました」

 東日本大震災では震災・津波災害・原発災害と3つの災害が襲いかかってきました。地域や年齢、立場、失ったものなどによって語る物語が異なる災害といえるでしょう。「生活を取り戻すのは容易ではないと思います。けど、語り合って、聞いて、書くことで、考えていけるようになればいいなと」。同じく聞き手として参加した平良杏太さん(20)も苦境の中で前を見据えました。

「ありがとう」を伝えられない違和感

 キャンドル・ジュンさんは支援活動を続けていく中で、被災者が「助けてもらったことの違和感みたいなものを感じているんじゃないかと思うときはある」と言います。

「東日本大震災では本当にたくさんのボランティアの人たちが来ました。名乗りもせずに去っていった人もたくさんいます。でもそれが“ありがとうを言えない気持ち悪さ”になっているんじゃないかと思うんです。あれは何だったんだろう? って。かつて訪問した方に手紙を出してみたり、遊びに行ったり、震災復興支援って一方通行だけではなく、“お互い様”なることが精神的ケアとしても必要なんじゃないかと思います。そうじゃないと、当時多くの方々が口にした『絆』になりません」

 “一方通行”ではなく“お互い様”の関係。6年前の震災直後、日本中で連呼された「絆」。それは、被災地の住民との直接的な繋がりだけではなく、私たち日本中の国民が「3.11」について改めて語り合うことでもあるのかもしれません。

(ライター・宇城健弘)

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    無意味に足掻く籠池氏と民進党

    和田政宗

  2. 2

    沙也加結婚 聖子はライバル視?

    渡邉裕二

  3. 3

    米国の「正恩斬首」作戦は不可能

    PRESIDENT Online

  4. 4

    鳩山氏が民進OB会から入会拒否

    文春オンライン

  5. 5

    大企業特有の考えずに働く人たち

    城繁幸

  6. 6

    今村前大臣の退職金は「82万円」

    川田龍平

  7. 7

    拷問部隊の逆襲で北に粛清の嵐か

    高英起

  8. 8

    武藤貴也議員 また男性持ち帰る

    文春オンライン

  9. 9

    民進の現状は共産党の責任でない

    紙屋高雪

  10. 10

    ミスしたときはひたすら謝るべき

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。