記事

「いかに役所に無理をさせているか一つの証左」政府答弁が一転 森友学園調査チーム会見



 民進党森友学園調査チームは8日、森友学園への国有地払下げ問題に関して衆院経済産業委員会、文部科学委員会の審議で明らかになった事実等を報告するため国会内で記者会見を開いた。

 座長である今井雅人議員はこの日、衆院経済産業委員会で質疑に立ち、安倍昭恵内閣総理大臣夫人が森本学園の塚本幼稚園の講演に参加する際に同行した経産省の職員について政府がこれまで「私的行為」としてきた答弁を「公務」と訂正したことを受けて、「私が申し上げたかったのは一つは国会答弁がいい加減だったという問題と、やはり私人の私的行為に公務で役人がついているということは理論上ありえない」と述べ、「彼女(総理夫人)は公人であるということ。それは内閣官房も否定はしなかった」と指摘し、公務として職員が同行する以上、総理夫人も公人であるという認識を示した。

 3月3日の国土交通委員会で誤った答弁をされた玉木雄一郎議員は、「普通は役所は聞くときちんと答える。二転三転するのはいかに役所に無理をさせているか一つの証左だと思う」と政府の答弁が変わること自体に疑念を示した。

 山井国対委員長は、昨日7日の自民党の国対委員長会談の内容を取り上げて、「(自民党は)違法性は今のところ無いので森友学園の籠池理事長の参考人招致をできないと言ったが、そもそも違法性が明らかだったら捜査機関が入って司法の手に移るわけだから、国会マターではなくなる。違法性が無いから参考人招致を断るのは理屈が通らない」と、引き続き参考人として籠池理事長を招致することを訴えた。

 文部科学委員会で質疑した宮崎岳志議員は、本日8日の答弁のポイントとして、総理夫人に随行した職員に時間外勤務手当が払われることを政府が明言したことを挙げ、「玉木議員が国交委員会で質問した時の答弁では、『土曜日はお休みです』『お休みの日に私的活動として一緒にボランティアに行ったんです』という答弁だったが、今日の答弁は時間外勤務手当を残業代(として払う)、休日出勤しているので(これも)払いますという。(玉木議員への答弁と)完全に矛盾しているし、私人、公人という議論も決着がついたのではないか」と政府の矛盾を指摘した。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    籠池氏「100万円」偽証の可能性

    和田政宗

  10. 10

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。