記事

沖縄の反基地運動に極左暴力集団が関与との初答弁

本日の参院内閣委員会の私の質疑で、沖縄の基地反対運動の中に極左暴力集団(=過激派)が入り込んでいるという、政府による初めての答弁がありました。  

極左暴力集団とは、テロや殺人を行ってきた過激派のことを指します。  

こうした集団が沖縄の基地反対運動に入り込んでいることは極めて恐ろしいことです。  

私は昨年5月に辺野古のキャンプシュワブゲート前で演説しようとした際、活動家達から暴行を受けましたが、その後、高江では沖縄防衛局職員に対する暴行事件が起きるなど、暴力がエスカレートしています。  

質疑では毅然とした対応を国家公安委員長に求めました。  

以下、質疑の該当部分を書き起こします。
動画は「参議院インターネット」で見ることが出来ます。  

○和田政宗「警察庁に聞きます。基地反対運動に過激派が入り込んでいる形跡はあるんでしょうか。」
○警察庁・松本警備局長「お答え致します。沖縄の基地反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知しております。」

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  2. 2

    蓮舫代表「私の国籍は日本のみ」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    日本企業復権へ「40代定年制」を

    WEDGE Infinity

  4. 4

    室井佑月 新聞は支持政党表明を

    キャリコネニュース

  5. 5

    注文を"忘れる"店 大反響の裏側

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    不祥事続き崩壊に向かう安倍内閣

    大西宏

  7. 7

    SMAP独立組が狙う"ネットと中国"

    渡邉裕二

  8. 8

    狙われる50代60代小金持ちオヤジ

    山本直人

  9. 9

    結婚後に1番重要なのは衛生観念?

    キャリコネニュース

  10. 10

    北朝鮮が米との交渉で痛恨のミス

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。