記事

沖縄の反基地運動に極左暴力集団が関与との初答弁

本日の参院内閣委員会の私の質疑で、沖縄の基地反対運動の中に極左暴力集団(=過激派)が入り込んでいるという、政府による初めての答弁がありました。  

極左暴力集団とは、テロや殺人を行ってきた過激派のことを指します。  

こうした集団が沖縄の基地反対運動に入り込んでいることは極めて恐ろしいことです。  

私は昨年5月に辺野古のキャンプシュワブゲート前で演説しようとした際、活動家達から暴行を受けましたが、その後、高江では沖縄防衛局職員に対する暴行事件が起きるなど、暴力がエスカレートしています。  

質疑では毅然とした対応を国家公安委員長に求めました。  

以下、質疑の該当部分を書き起こします。
動画は「参議院インターネット」で見ることが出来ます。  

○和田政宗「警察庁に聞きます。基地反対運動に過激派が入り込んでいる形跡はあるんでしょうか。」
○警察庁・松本警備局長「お答え致します。沖縄の基地反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知しております。」

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  2. 2

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  3. 3

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  4. 4

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  5. 5

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  6. 6

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  7. 7

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  8. 8

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  9. 9

    地銀の総合スーパー化という脅威

    シェアーズカフェ・オンライン

  10. 10

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。