記事

ビートたけしは紳助と変わりない。いやもっと嫌な奴だ。

1/3



暴力団との交際が原因で島田紳助が引退して大きな話題になりました。

暴力団排除条例が全国の最後に東京と沖縄で発効することもあり、芸能界と暴力団との関係がクローズアップされたわけですが、先月9月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)でビートたけしが「暴力団との関係」を赤裸々に語ったとして、大きな話題となっています。

この記事では、たけしが25年前のフライデー襲撃事件後に復帰した際に「復帰が早すぎる」として右翼団体に街宣をかけられたことがあると明かしています。

紳助が暴力団と関係を持ったきっかけは、同じく右翼団体に街宣をかけられ、その解決を渡辺二郎を通じて暴力団に頼んだことでした。しかし、たけしは右翼団体の関係先である住吉連合会の堀政夫会長をひとりで訪ね、土下座して謝って解決したというのです。

この点が紳助とは違うとして、「タレントとして、そういうのを上手くやって逃げるのも本人の芸」「紳助は逃げる芸がなかった」と自慢しています。




かつては、漫才ブームで一緒に時流に乗り、「オレたちひょうきん族」で共に全国区になった芸人仲間でしょうに、すでに芸能界を追われた人間をネタにするとは、池に落ちた犬をさらに棒で叩くような言動で、虫酸が走ります。

今、もし、たけしが組織暴力団組長に土下座している写真が公開されたら、その衝撃は、山口組No.2や4と宴席で隣り合っている写真が公開された紳助の比ではないでしょう。

暴力団にお願い事をしなかったところが紳助とは違うのだとたけしは言っていますが、暴力団の組長に土下座するのだって暴力団の癒着に違いないでしょう。土下座ならセーフと思っている感覚が狂っています。

三大暴力団のトップとは全員面識があったなどと語っていますから、10月1日から東京都でも「暴力団排除条例」が施行され、暴力団と関係がある企業や個人は「密接交際者」として名前が公表されるのにあわせて、たけしらしい計算高さで先手を打ったのかもしれません。




紳助が起こした最も嫌な事件は女性マネージャーに暴力をふるった事件で、これはパワハラ・セクハラ全部含んでいて最低です。

しかし、たけしの土下座事件のきっかけとなったフライデー事件も、たけしは自分が付き合っていた21才の女性にフライデーの記者が乱暴な取材をしたから、11人で講談社に乗り込んだというもので、「オレの女に手を出すな」という痴話騒動でしょう。

しかも、自分一人で抗議に行くのではなく、そんな痴話ゲンカに自分の弟子というか手下というかを引き連れていっているわけで、紳助以上に反社会的だし、見苦しく、だらしない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  8. 8

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  9. 9

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

  10. 10

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。