記事

米国ミレニアル世代の年収、アメリカン・ドリームから程遠く

Here’s How Much Millennials Earn Annually Across The U.S.

ミレニアル世代と言えば、21世紀初めに成人を迎えた世代を指しますよね。

米国ではミレニアル世代の人口が2015年に7,540万人に達し、ベビーブーマー世代の7,490万人を上回りました。そのミレニアル世代が米国でも消費に後ろ向きとされるため、しばしば問題視されています。

余談ながら1965〜81年生まれのジェネレーションX、ベビーブーマー世代とミレニアル世代以下という不思議。
FT_16_04.25_generations2050
(出所:ピュー・リサーチ・センター

そもそも、なぜ支出できないのか?答えは想定の範囲内で、所得水準が低いためです、ビジネス・インサイダーが米国勢調査局を基に地図を作成したところ、ワシントンD.C.以外の50州で年収の中央値が全て2万7,500ドル以下でした。一部の州では、1万8,000ドル付近に過ぎません。ミレニアル世代にはパートタイム職を含むためどうしても押し下げられてしまい、低くならざるを得ないという実情を割り引く必要があります。とはいえ、2014年の全米の独身世帯・年収中央値の3万2,047ドルに遠く及びません。

詳細をご覧になりたい方は、ビジネス・インサイダーでご覧下さい。

medianwage
(出所:Business Insider

ただ上記の数字は、過小評価されている可能性がございます。米国勢調査局のミレニアル層をターゲットにした調査によると、18〜34歳の年収は2013年にインフレ調整ベースで3万3,883ドルでした。そうは言いつつ1980年の3万5,845ドルはもちろん、1980年以来で最高となる2000年の3万7,355ドルに大きく水を開けられています。親と同居する割合も2009〜13年の調査期間中に30.3%と、1980年の22.9%を大きく上回っていました。

有名大学出身である筆者のアメリカ人の友人も大学を卒業してから政府機関に就職したものの、年収は3万ドル(約340万円)に届かず。大学院に入り直したとはいえ、奨学金を支払えるだけの職に就く難しさを嘆いておりました。NY連銀が発表した家計債務調査では学生ローンは1.3億ドル、1人当たりの学生ローン債務額は3万7,172ドル試算されていますから少しでも多く稼ぎたい気持ちが痛いほど伝わります。ベージュブックでは特殊技能職で人材不足と頻繁に指摘されていますが、IT職など専門的スキルを持つ一部の仕事に限られている模様。ミレニアル世代からアメリカン・ドリームがどんどん遠ざかっていくとともに、政治的思考の変化に注意が必要です。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  2. 2

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  3. 3

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  4. 4

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  5. 5

    牛乳石鹸のCMに感じる15の違和感

    松井博

  6. 6

    「あくまで個人の感想」違法に?

    永江一石

  7. 7

    小池知事の経費400億円削減は嘘

    文春オンライン

  8. 8

    籠池氏の詐欺罪起訴は検察の汚点

    郷原信郎

  9. 9

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

  10. 10

    五輪音頭に星野源使わない最悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。