記事

瑞穂の国賊

 別に、森友学園やアッキーのことを言いたい訳ではありません。

 個人の思想には自由があるし、日本に宗教系の学校がたくさんあることは甲子園を見ても一目瞭然。で、教育基本法や国際社会からの評価に鑑みて、「教育勅語」を用いる学校やヘイトスピーチまがいの言動とる人物からの申請を認可するかどうかは、大阪府なら大阪府、文科省なら文科省の問題であって、そういう学校を作ろうとすること、またそのための「最大限の努力」をしたこと自体は「国賊」行為でも何でもないのでは、と思います。

 アッキーについては「夫の足を引っ張りまくるしょうもない妻」という評価が大半かも知れません。
 が、100%公人とは言えない部分の中で社会活動をしようが、占いに凝ろうが「国賊」とまでは言えないでしょう。
 結局は、そうした「自由奔放な妻」を守り包み込む首相を好ましく、あるいは男らしく感じる人もいれば、「頼りない」とか「下らない」と思う人もいるだろうな、というだけの話。
 ちなみに今回のをちまたでは「アッキード事件」とも言われているものの・・・もしかしたしたら彼女は思想的には全く趣味違いにも関わらず忙しい夫の代理役を果たし、また夫に代わって夫の言いそうなことを(社交辞令として)相手に告げ、なおかつ非難を引き受け身を挺して夫を守ろうとしている、大変関心な「政治家の妻」だって可能性も低くないと感じます。

 では、「国賊」はいったい誰なのか?

 私はその1は日本のマスコミだと思います。

 私は2015年9月5日、首相が「そこまで言って委員会」(9月4日収録)に出ているのを実際に見ています。
 なぜそれを覚えているかと言えば・・・東京で安保法制デモが続き、国会も開かれている中、なんでわざわざ大阪なの? と、あまりの唐突さ&非常識さを感じたからです。

 首相が大阪にいた9月4日に、近畿財務局で森友事件関係者の会合が開かれていたことをすっぱ抜いたのは、共産党(さすが!)でした。
 また本日の国会質疑では民進党・福山氏から、同日の森友学園講演会で本来は(夫人ではなく)首相が講演予定だったことが明らかにされました。
 で、夫人が名誉校長になったのは翌9月5日です。 

 しかし、来阪前日の9月3日に首相が「前・理財局長(山口出身)」を官邸に呼びつけていることについては・・・(「首相動静」より誰にでも簡単に確認できることにも関わらず)まだ多くのメディアが頬かむりしたままです。

 この「疑惑の3日間」の存在につき、少なくともSNSでは2月後半から相当話題になっていました。
 日本に報道関係者が何人いるかは知りませんが、少しクグればすぐ出てくる情報ですから、取材能力ゼロに近い人を除いた相当な割合がそのことを知っていたでしょう。

 ・・・にもかかわらず、それを2月中に報じたのは恐らくただ一社だけだったはずです。

 これって赤坂飯店? それともメディアの自殺?

 「でんでん」が「みぞうゆう」化しなかったこと含め・・・新聞を取る人、テレビを見る人がどんどん少なくなってしまってる訳です。

 国賊その2は、私は財務官僚だと思います。

 国会答弁で「鼻もちならない」等々、酷評されている現・理財局長、そして野党が森友学園理事長やアッキーとともに「証人喚問」を申し出ている国税庁長官(前・理財局長)は82年入省です。
 なんと、自分と同い齢。大学受験から5分の2世紀を経て、山口百恵や原辰徳ら含む「同級生」で、「(旺文社模試や駿台模試の1P目の上の方に出ていた・・・笑)最も優秀だった奴」中2名のご尊顔を拝見できた、ということになります。

 しかし・・・彼らは所詮「井の中のなんとか」だったんでしょう。

 も・は・や。
彼らが一生懸命政治家や役所を庇えば庇うほど、また逃げ隠れすればするほど・・・「もう税金払いたくないわ」と思う国民の数が激増するだけ、なのですから。

 まさに、日本史上。

 みぞうゆうな規模・スピードで、財務省の権威・信用が失墜しています。

 「ご質問にありました財務省ですが、日本史上と仰られましたが財務省はまだ発足から間もない役所でございまして、そうした歴史上の信用が失墜したというお言葉は必ずしも当たらないのではないかと。また大変恐縮ですが、権威と言われましても、私ども財務省の一部局の理財局という所でございまして、この理財局がどういう仕事をしているかと申しますと国有財産を取り扱う部署にすぎないということでございまして、いずれにしましても(口癖)・・・」でんでん。

 そんなことばっかに「能力」使って、ここから先、一体どうやって消費税を俎上に乗せるつもりなのか?
 領収証とるのも、確定申告するのももうめんどくさくなったのはもちろん(笑)、「お前らみたいな奴らがやってるから財政破綻寸前なんだよ」「全員退職金返上しろ」と思ってる人がもうひょっとしたらもう何千万人?
 中には当然、ゴミが埋まってそうな国有地を物色し始めている奴も一杯いることでしょう。

 無茶苦茶です。

 どこに行っても腫れもの扱いされてきた彼らの、彼らなりの「エリート人生」がもののみごとに暗転しつつある訳ですが・・・「優秀」な能力を個人や組織の「保身」、引き立ててくれた政治家への「信義」のみに使ったのが大間違いでした。

 いずれにしましても(笑)・・・瑞穂の国が(世界で抜群に立派とは思わず、こりゃどうかなと思うところもあるけど、トータル的には)まあまあいい国だと思っている大多数の国民にとって、今回の事件はかなり残念で悲しいものだったに違いありません。

 と同時に、(この件これ以上続けても)全くもって詮ない話でしかない、という気がしているのは私だけじゃないでしょう。

 ・・・自民党はなぜ、総裁任期延長を「先延ばし」し、素早い幕引きを図らなかったのでしょうか???

・・・以上、書いたのはトモッキー。夫である。

ええ、もちろん「私人」。

政治家の場合、妻が、夫が「代理」とか「代弁者」と思われがちなのだが、ワタクシたちを含めて、そういう意識で行動していていない自由尊重型の夫婦も多いと思われるが、どうなんだろうかね。

ちなみに、ワタクシはこの件徹底解明すべし、と思っているのだが。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    麻央さんに関する記事表題に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレビの報道が信頼されないワケ

    メディアゴン

  4. 4

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    共産党と公明党「因縁」の歴史

    蓬莱藤乃

  7. 7

    菅元総理が維新の二の舞と苦言

    菅直人

  8. 8

    石破氏「暴言は人間性の問題」

    石破茂

  9. 9

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。