記事

豊洲の水 今までと違う方法で採取したらそりゃ数字は違うよ 意図的風評被害拡散?

いや突然上昇した豊洲地下水のベンゼン濃度。原因がわかりました!(豊洲市場の地下水 最終調査は“都の指示で過去と違う手順”

>井戸にたまっていた地下水を取り除く「パージ」と呼ばれる作業を行ったあと、新たに井戸にたまった地下水をとって分析することになっていますが、統括部長は都の指示により、パージで取り除いた地下水そのものを分析に回していたことを明らかにしました。

そりゃ新たに出てくるものと、数ヶ月溜まっていた水ではそりゃ数字は変わるでしょう。いや今までのやり方と採取方法を変えて、いままでの数字と比較することは全く意味がありません。流れている川の水と溜まりの水を比較するようなもの。溜まりの水が汚れているから川も汚れていると突然いうことは全くのナンセンスです。

>過去8回と比べ突出して高濃度の有害物質が検出された9回目の調査が、なぜそれまでの調査と違う方法で行われたのか、指示を出したとされる都は当時の対応を検証することにしています。

>「まだ何も聞いてないので、確認したうえで答えたい」

小池さんの指示ではないのでしょうか。それを指示したのは都職員?本当ならしっかり情報公開お願いします。でないとわざと風評被害、いや安心破壊を意図的におこした可能性がでてしまいます。

やはり科学のデータはそう簡単には裏切らないです。 

根拠のない免疫治療を行っている病院のCMがどうしてもブログ画面に出てしまっているようです。(それこそヤフーのCMにも出ているくらいだから仕方ありませんが)全く関与していませんし、彼らの治療を基本否定していることを念のため書かせていただきます。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    獣医学部めぐり総理が自爆発言

    郷原信郎

  2. 2

    人の訃報を話して安堵する人々

    山本直人

  3. 3

    野田佳彦、中国ではいまも極悪人

    NEWSポストセブン

  4. 4

    星野源になれない男たちの嫉妬

    幻冬舎plus

  5. 5

    「死」に向かう日本の実写映画

    吉川圭三

  6. 6

    維新の会 除名で勢力拡大は困難?

    早川忠孝

  7. 7

    ATMだけで成功 セブン銀行の戦略

    PRESIDENT Online

  8. 8

    豊田氏暴言の「有権者」に疑問

    赤木智弘

  9. 9

    婚活中のズレた37歳女に非難殺到

    キャリコネニュース

  10. 10

    なぜ各新聞で内閣支持率が違うか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。