記事

豊洲の水 今までと違う方法で採取したらそりゃ数字は違うよ 意図的風評被害拡散?

いや突然上昇した豊洲地下水のベンゼン濃度。原因がわかりました!(豊洲市場の地下水 最終調査は“都の指示で過去と違う手順”

>井戸にたまっていた地下水を取り除く「パージ」と呼ばれる作業を行ったあと、新たに井戸にたまった地下水をとって分析することになっていますが、統括部長は都の指示により、パージで取り除いた地下水そのものを分析に回していたことを明らかにしました。

そりゃ新たに出てくるものと、数ヶ月溜まっていた水ではそりゃ数字は変わるでしょう。いや今までのやり方と採取方法を変えて、いままでの数字と比較することは全く意味がありません。流れている川の水と溜まりの水を比較するようなもの。溜まりの水が汚れているから川も汚れていると突然いうことは全くのナンセンスです。

>過去8回と比べ突出して高濃度の有害物質が検出された9回目の調査が、なぜそれまでの調査と違う方法で行われたのか、指示を出したとされる都は当時の対応を検証することにしています。

>「まだ何も聞いてないので、確認したうえで答えたい」

小池さんの指示ではないのでしょうか。それを指示したのは都職員?本当ならしっかり情報公開お願いします。でないとわざと風評被害、いや安心破壊を意図的におこした可能性がでてしまいます。

やはり科学のデータはそう簡単には裏切らないです。 

根拠のない免疫治療を行っている病院のCMがどうしてもブログ画面に出てしまっているようです。(それこそヤフーのCMにも出ているくらいだから仕方ありませんが)全く関与していませんし、彼らの治療を基本否定していることを念のため書かせていただきます。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    籠池氏「100万円」偽証の可能性

    和田政宗

  9. 9

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    久々の"凄玉"カズレーザーの魅力

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。