記事

働き盛りの中国人男性、長生きできない理由

By ANJANI TRIVEDI

他の年齢層や女性の死亡率はほとんどの場合で改善

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 世界の歴史でもまれに見る急激な経済発展の最中、生産年齢の男性たちは長生きすることの難しさを痛感してきた。

 これは中国から届いた気の滅入るニュースである。同国の保険規制当局は最近、10年以上ぶりに生命表(死亡率表)を更新した。重要なのは、生産年齢人口の3分の1近くを占める41歳から60歳の中国人男性の間での死亡率が2013年までの10年間(入手可能な直近のデータ)で12%も増加していたという結果である。他の年齢層や女性の死亡率はほとんどの場合で改善していたにもかかわらずである。

 金銭的な余裕が健康に悪い習慣をもたらしている可能性もある。1人当たり可処分所得は過去6年間に90%も増加しており、政府の公式データは少ないが過去10年間ではおそらくそれ以上だろう。中国での酒類の消費――男性が女性の1.6倍の量を消費する――は過去15年間にわたって毎年5%ずつ増加してきた。バーンスタインのアナリストによると、これは世界標準に照らしても急増と見なされるという。より豊かな食事は中国人男性のあいだで肺や心臓の病気の多発も招いている。

 男性社会でしっかりと働いて蓄財しなければならないというプレッシャーは健康問題を増大させる。とはいえ、逆もまた真なりだ。たとえば、ノーベル賞を受賞したアンガス・ディートン教授とプリンストン大学のアン・ケース教授が2015年に発表した研究では、米国の中年男性の多くがグローバル化に直面して「絶望死」を遂げているということがわかった。

 働き盛りの男性の減少は中国の生産性の伸びを抑制する可能性がある。コンサルティング会社マッキンゼーによると、中国の時間当たり労働生産性の伸びは2010年以来減速しており、経済協力開発機構(OECD)加盟国よりも33%ほど低いままになっているという。中国経済がサービス業中心の経済への移行を進める今、労働生産性の重要度はさらに増している。中国の生産年齢人口はすでに縮小傾向にある。都市化はその一部を補う可能性があるが、生産性の向上がなければ、成長の分け前の奪い合いで、労働力と資本に一層の負担が強いられることになるだろう。

 予想外だった死亡率の再上昇は、幾つかのぞっとするような好機も生み出している。生産年齢の中国人男性が死ぬ確率の上昇は、利益率の高い補償商品を売り込んでいる保険などの業界に利益をもたらす可能性がある。とはいえ保険会社は今や価格設定をする上で重要な要因となる死亡率の前提を訂正し始めなければならないだろう。というのも、中国にはオンラインで保険を購入する人が3億3000万人もいるが、その60%近くを保有しているのは男性だからである。

 特に慢性疾患を扱う医療従事者や製薬会社にとっては市場が拡大しそうである。穀物を原料とする蒸留酒、白酒(パイチュウ)を製造する宜賓五糧液集団やその最大手メーカーの貴州茅台酒といったアルコール飲料企業の株価は年初来でそれぞれ16%、8%も上昇しており、市場全体を大幅にアウトパフォームしている。両社は昨年12月から商品の価格を引き上げてきた。

 中国はこの数十年間に生活水準の向上で目覚ましい前進を遂げてきた。とはいえ、急速に発展する経済には犠牲者も付き物なのだ。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  4. 4

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  5. 5

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  6. 6

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  7. 7

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  8. 8

    亀岡市暴走事故の加害者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  10. 10

    立民・枝野氏「法人増税が必要」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。