記事

読売新聞が社説で堂々と「核武装のための原発推進」論を展開

1/4


予想通り、鉢呂経産相が「原発ゼロ」にはじめて言及したことに危機感を覚えた読売新聞が、反撃を始めました。

日本の原発の父」正力松太郎が社主だった新聞ですから、そのこと自体は驚くには値しません。

末尾の本日の社説です。

その中で、読売新聞が立論の第1に上げた

1 電力不足に対して節電では足りないという主張に対しては

原発なしでも電力は足りていた 電力使用制限令は前倒しで解除 脱原発は可能!

と反論しておきます。電力会社の電力不足キャンペーンは原発の必要性を訴えるためのデマに過ぎませんでした。



東電の原発は多くが停止状態。他方、再生可能エネルギーが発電量のわずか1%にすぎない現状でもこうなのですから、焦らず、太陽光・風力・地熱などの自然エネルギーによる持続可能で安全な社会を目指せばいいのです

トピックス

記事ランキング

  1. 1

    犯罪をおこした子供の兄弟や姉妹のケアは

    Chikirin

  2. 2

    日本人がハイブリッドカーを購入する理由

    永江一石

  3. 3

    「すき家のビジネスモデルは限界」第三者委

    弁護士ドットコム

  4. 4

    中国べったりでよいのか、韓国は考えるべき

    北尾吉孝

  5. 5

    JASRACが千年前の雅楽にも著作権料求める

    町村泰貴

  6. 6

    ルポ「人を殺してみたかった」著者の結論

    藤井誠二

  7. 7

    ブラック企業大賞にノミネートされた10団体

    キャリコネ・企業インサイダー

  8. 8

    トヨタバッシングはアメリカの嫉妬だった

    長谷川豊

  9. 9

    舛添氏「東京だけができる外交の実行を」

    BLOGOS編集部

  10. 10

    死んだとき秘密のデータを家族から隠すには

    弁護士ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。