記事
  • S-MAX

ゲームのプレイ環境をいつでもどこでもスイッチ!任天堂の最新ゲーム機「Nintendo Switch」開封して外観や同梱物、周辺機器をじっくり紹介【レビュー】

1/5
nswitch-001
Nitendo Switchが我が家にやってきた!

任天堂は3日、新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドー・スイッチ)」を発売しました。携帯ゲーム機でありながらゲームパッド部分を本体から取り外し、本体をテレビやパソコン用モニターなどに接続することで家庭用ゲーム機としても遊べるというユニークなギミックを搭載しているのが大きな特徴です。

性能面やゲームの出来なども気になるところですが、今回は開封レポートとして本体や主な付属品などを写真とともにご紹介したいと思います。

nswitch-002
外箱正面。家庭用ゲーム機として遊ぶスタイルが印刷されている(裏面にはゲームパッドと本体を合体させ携帯用ゲーム機として遊ぶスタイルが印刷されている)

■想像以上に持ちやすくてJoy-Conギミックが面白い!

今回、筆者が購入したのは本体とJoy-Con充電グリップ、Nintendo Switch キャリングケース、そしてゲームとして「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(以下、ゼルダの伝説)です。Nintendo Switch対応ゲームは小さなカード型のROMカートリッジで販売されますが、ダウンロード販売にも対応しています。

本体同梱のJoy-Conには2種類のカラーバリエーションがあり、筆者が購入したネオンブルー・ネオンレッドのタイプ以外にグレー単色のものがあります。写真ではJoy-Con[R]の色が蛍光オレンジに映っていますが実際は蛍光ピンクに近い色です。

nswitch-003
購入した本体と周辺機器

nswitch-004
本体を開けるとJoy-Con 2個と本体が見える

本体には取扱説明書のようなものは同梱されておらず、外箱の側面に簡単な初期設定方法が書いてあるのみです。詳細は仕様や取り扱い方法についてはスマートフォン(スマホ)などでQRコードを読み込みオンラインサイトを参照するよう指示されています。

nswitch-005
外箱に書かれた説明は2ステップのみ。これほど簡単なゲーム機の説明書きは見たことがない

それではいよいよNintendo Switch本体を取り出してみます。本体サイズは縦102mm×横239mm×厚さ13.9mmで画面は6.2インチのHD(1280×720ドット)、重量は398gとなっています。

携帯ゲーム機としてはかなり大柄ですが8~10インチタブレットを使い慣れている人なら違和感のないサイズと重量感です。タブレットとの大きな違いはJoy-ConのZL・ZRボタンが背面側に大きくせり出すように隆起しているため、両手で持った時のフィット感が抜群な点です。

Joy-Conの角が丸くなっているため、手に持った時に手のひら中央のくぼみにピッタリと収まる感覚があり、指も自然とZL・ZRボタンにフィットするためホールド感が見事です。画面サイズが5インチや7インチではなく6.2インチというサイズになったのも、画面サイズありきではなくJoy-Conのサイズありきであったのだろうと想像ができます。

nswitch-006
本体とJoy-Con。本体のみだと7インチタブレット程度の大きさと重量だ(297g)

nswitch-007
Joy-Con[L]。Joy-Conは左右分離しそれぞれで1つのゲームコントローラとしても機能する

nswitch-008
本体との接続面にLRボタンとして機能するSL・SRボタンが隠されている

nswitch-009
LボタンおよびZLボタン周辺部。適度な厚みが確保されていて持ちやすい

nswitch-010
筆者は手が大きめだがJoy-Conは小さすぎないギリギリのサイズ。子供なら丁度いいサイズだろう

Joy-Conと本体は上下にスライドさせるようにして接続します。その構造上Joy-Conがガタついたり接続部分が折れるような心配もしましたが、接続に使用されるレール部分は金属製で高い剛性感がありガタつきなどは一切感じられませんでした。

ただ、レールの形状が上下同じであるために左右逆にも取り付けられてしまうため、誤って取り付けて外れなくなる事故なども考えられるのが不安点ではあります(実際、筆者は後述するストラップを逆接続してしまい危うく外れなくなる事態に)。

nswitch-011
Joy-Conの接続方法。本体上部から「カチッ」となるまで差し込む

nswitch-012
Joy-Conを接続した正面。スピーカーは液晶下部の左右スリットにありステレオ仕様

nswitch-013
背面。中央に大きくロゴが入っている。中央下部の多孔部分は排熱用スリット。その左側の長方形のものがスタンド。Joy-Con上部の小さな丸いボタンは本体からのイジェクトボタン

nswitch-014
下面。電源や外部出力に利用される端子はUSB Type-C規格

nswitch-015
上面。左からゲームカートリッジスロット、イヤホン端子、排熱用スリット、音量調整ボタン、電源ボタンが並ぶ

あわせて読みたい

「任天堂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  2. 2

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  3. 3

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    本当の富裕層 振る舞いに共通点

    PRESIDENT Online

  5. 5

    フォアグラ人気の裏に残酷な現実

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  6. 6

    ロシア人の4割は酒を一切飲まず

    ロシアNOW

  7. 7

    乃木坂46に学ぶ副業許可のヒント

    シェアーズカフェ・オンライン

  8. 8

    橋下氏 民進玉木氏の質問に苦言

    橋下徹

  9. 9

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  10. 10

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。