記事

ルペン氏の刑事免責無効、暴力写真投稿問題で欧州議会決定

[ブリュッセル 2日 ロイター] - フランス極右政党・国民戦線(FN)党首で、欧州議会議員のルペン氏が、過激派組織「イスラム国」(IS)の暴力写真を投稿したとされる問題で、欧州議会は2日、ルペン氏の刑事免責を無効とした。

ルペン氏は暴力映像公開の疑いが持たれており、一定の状況下で懲役3年、罰金7万5000ユーロ(7万8930ドル)が科される可能性もある。

フランス側の要求を受け、欧州議会の法務委員会が先月28日、ルペン氏の刑事免責解除を可決していた。

検察は今後、ルペン氏を不起訴処分とするか、裁判にかける可能性などがある。大統領選を控え、フランス国内の法的手続きを通常より相当早く進める必要が出てくるとみられている。

あわせて読みたい

「マリーヌ・ルペン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  4. 4

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  5. 5

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  6. 6

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  7. 7

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  8. 8

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

  9. 9

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。