記事

ルペン氏の刑事免責無効、暴力写真投稿問題で欧州議会決定

[ブリュッセル 2日 ロイター] - フランス極右政党・国民戦線(FN)党首で、欧州議会議員のルペン氏が、過激派組織「イスラム国」(IS)の暴力写真を投稿したとされる問題で、欧州議会は2日、ルペン氏の刑事免責を無効とした。

ルペン氏は暴力映像公開の疑いが持たれており、一定の状況下で懲役3年、罰金7万5000ユーロ(7万8930ドル)が科される可能性もある。

フランス側の要求を受け、欧州議会の法務委員会が先月28日、ルペン氏の刑事免責解除を可決していた。

検察は今後、ルペン氏を不起訴処分とするか、裁判にかける可能性などがある。大統領選を控え、フランス国内の法的手続きを通常より相当早く進める必要が出てくるとみられている。

あわせて読みたい

「マリーヌ・ルペン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  8. 8

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。