記事

ルペン氏の刑事免責無効、暴力写真投稿問題で欧州議会決定

[ブリュッセル 2日 ロイター] - フランス極右政党・国民戦線(FN)党首で、欧州議会議員のルペン氏が、過激派組織「イスラム国」(IS)の暴力写真を投稿したとされる問題で、欧州議会は2日、ルペン氏の刑事免責を無効とした。

ルペン氏は暴力映像公開の疑いが持たれており、一定の状況下で懲役3年、罰金7万5000ユーロ(7万8930ドル)が科される可能性もある。

フランス側の要求を受け、欧州議会の法務委員会が先月28日、ルペン氏の刑事免責解除を可決していた。

検察は今後、ルペン氏を不起訴処分とするか、裁判にかける可能性などがある。大統領選を控え、フランス国内の法的手続きを通常より相当早く進める必要が出てくるとみられている。

あわせて読みたい

「マリーヌ・ルペン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  2. 2

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    iPS山中教授 日本の科学界に警鐘

    THE PAGE

  6. 6

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  7. 7

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  8. 8

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河野外相が明かす電話会談の全貌

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。