記事

【オバマ大統領の回想録】

トランプ大統領の議会演説が日本時間の11:00過ぎに始まりますが、直前にオバマ前大統領とミシェル夫人の著書についてのニュースが飛び込んできました。

FTがまずすっぱ抜いて、その後、出版社が発表したことで、欧米のメディア各社がいっせいに報じています。夫妻が別々に書いた本の出版権をまとめてオークションしたのは異例のようです。

FTRecord-breaking auction for Obama’s book deal tops $60 million(オバマ夫妻の本の出版に関する権利、6000万ドルを超す記録に)として、オバマ前大統領とミシェル夫人がそれぞれ執筆する著書を出版してグローバルに販売する権利をオークションしていて、Penguin Random Houseが日本円で約67億円を提示してリードしていると伝えています。

この金額は飛び抜けて高いそうです。

クリントン元大統領が退任した後に執筆した回想録のMy Life(「マイライフ クリントンの回想」)は1500万ドル、ブッシュ大統領(子)のDecision Points(「決断のとき」)は推定1000万ドルだったとしています。

オバマ前大統領はホワイトハウス入りする前にDreams From My Father(「マイ・ドリーム:バラク・オバマ自伝」)、The Audacity of Hope (「高みへと向かう希望」)で作家としても高い評価を得ていたことから、大統領としての2期8年の物語は注目されていた上に、夫人との共同契約(join book deal)ということで、値が釣り上ったと指摘しています。

その後、Penguin Random Houseが正式発表したことを受けて、New York TimesObamas Make Book Deal With Penguin Random House(オバマ夫妻、ペンギンランダムハウス社と著書の契約)と報じています。

それによりますと、出版社が得たのは、本を世界的に販売する権利で、非営利団体に100万冊を寄贈する予定だということです。

声明で出版社側は「オバマ夫妻は発言とリーダーシップによって世界を変えた(With their words and their leadership, they changed the world)」としています。

AP通信は「著書のタイトルや出版予定日は明らかになっていない。オバマ大統領のホワイトハウスでの思い出について書くだろう。関係者によると、大統領のころの話を率直に書いたものとなり、ミシェル夫人は自らの半生をもとに若い人たちに向けてインスピレーションを呼び起こすような内容となると語っている」と紹介しています。

あわせて読みたい

「ミシェル夫人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  3. 3

    貴乃花親方へ批判報道に妻が怒り

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  5. 5

    母子家庭の扶助減額は理解不能

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  6. 6

    清水建設問題 下請け告発で発覚

    山口利昭

  7. 7

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  9. 9

    死んでも祟る 富岡八幡宮の確執

    SmartFLASH

  10. 10

    風俗嬢に欠如している相談する力

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。