記事

米国民、メディアよりトランプ氏支持



古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

アメリカのトランプ大統領と主要ニュースメディアとの対決はさらに険悪となっているが、最新の世論調査ではアメリカ国民のより多くが大統領の側を支持しているという結果が出た。大手メディアも政府に非難され、国民からも不支持となると、存立の基盤までを揺さぶられる深刻な状態へと追い込まれかねないようだ。

共和党のトランプ大統領と民主党支持のニューヨーク・タイムズやCNNニュースなどの主要メディアとの正面対決はさらにエスカレートの様相をみせている。では肝心のアメリカ国民はこの対決をどうみるのか。意外な結果を示す世論調査が明らかとなった。

2月28日に明らかとなったウォールストリート・ジャーナルとNBCニュースの共同世論調査によると、51%のアメリカ国民が「メディアはトランプ大統領に対して批判的すぎる」とみなしているという結果が出た。同時に53%が「ニュースメディアやその他のエリートたちはワシントンでの変化を恐れて、政府が抱えた問題を誇張している」という見解への賛意を表明したという。

同じ世論調査によると、41%は「メディアはだいたいは公正で客観的だ」と判断し、45%が「メディアが実態を誇張しているという見方には反対」だと答えた。一方、6%は「メディアはトランプ大統領に対して十分に厳しくない」と答えたという。

さらに26日に報じられたエマーソン大学が実施した全米世論調査では、現在の大統領対メディアの対立で「トランプ政権の方が正直だと思う」答えた人が全体の49%に達した。「トランプ政権は不正直だと思う」という回答が全体の48%となったという。

同じ調査によると、「メディアは正直だと思う」という回答が全米有権者の39%、「メディアは不正直だと思う」が53%にまで達した。

こうした最新の世論調査を総合すると、アメリカの一般国民の間では主要メディアへの信頼はトランプ大統領に対する信頼よりも全体としてかなり低いことが判明した。

これからまだまだ続くトランプ大統領対主要メディアとの対決だが、いまのところ一般のアメリカ国民のより多くはトランプ大統領側に軍配をあげているという感じだといえる。この点も日本の主要メディアがどう報じているのか。日本もアメリカも主要メディアへの風当たりが一段と厳しくなったことは確実なようだ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日米が演出 「開戦前夜」の狙い

    PRESIDENT Online

  2. 2

    橋下氏"日米は韓国の声聴くべき"

    橋下徹

  3. 3

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  4. 4

    元モー娘。小川麻琴が大学講師に

    メディアゴン

  5. 5

    メルカリで卒アルを売買する理由

    キャリコネニュース

  6. 6

    自民が超会議でカレーを無料配布

    キャリコネニュース

  7. 7

    日本電産会長が億単位の寄付

    中田宏

  8. 8

    中国人金持ちマダムの旅行に密着

    文春オンライン

  9. 9

    首相の「森友隠し」思惑は外れた

    五十嵐仁

  10. 10

    「ゴムつけて」反発しない伝え方

    市川衛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。