記事

入国制限巡る新たな米大統領令、対象制限でも法廷闘争は不可避か

[28日 ロイター] - 米国への入国制限に関する新たな大統領令は3月1日にも発表されるとみられるが、トランプ大統領は1月に出したものに比べ提訴をより難しくすると公言してきた。

法律専門家によると、トランプ政権が取り得る策の一つは入国制限の対象をより限定的にするもの。これにより、大統領令によって被害を受けると主張できる地位や権限があるとして、州などが提訴する可能性を小さくするという。

政権によると、永住権保有者は入国制限の対象から除外される見込みで、これによって新たな大統領令への提訴のハードルは上がるだろう。

保守系の米人権団体フリーダム・ウォッチの創設者のラリー・クレイマン氏は、入国制限の対象が狭められることで、新たな大統領令への提訴では法的地位が大きな争点になると指摘。「市民や永住権保有者でなければ、憲法上の権利もない」と述べた。

これに対し、オバマ政権下で市民権・移民業務局の主席法律顧問だったスティーブン・レゴムスキー氏は、制限対象を狭めれば「法的地位の議論を弱めるが、完全に排除できるわけではない」と言う。

例えば、親族が入国禁止になった米市民は提訴する法的地位を主張できるほか、大統領令で悪影響を受けると州立大学が訴えることも考えられるという。

先の大統領令を巡る米連邦控訴裁の判断では、入国制限の対象となった7カ国出身の州立大教授らが調査や学術協力で渡航できなくなるとの言及もあった。

この問題を巡っては法律専門家もさまざまな見解を示すが、新しい大統領令も法廷で議論されるとの見方ではそれぞれが一致している。

あわせて読みたい

「トランプ大統領の入国禁止令」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

  6. 6

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  7. 7

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

  8. 8

    景気回復を妨害してきた消費増税

    tenten99

  9. 9

    豊洲とヤクザ アワビ密猟の実態

    NEWSポストセブン

  10. 10

    音喜多氏は北区長選出馬をやめよ

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。