記事

オバマ氏を仏大統領候補に、パリで出馬要請の署名運動

[パリ 26日 ロイター] - 大統領選挙の第一回投票を4月に控えたフランスで、パリに住む4人の友人グループが、オバマ前米大統領に出馬を要請する運動を開始した。現在のどの候補にも投票したくない、というフラストレーションを示すのが目的だという。

パリの街角に貼られた数百枚のポスターには、オバマ氏の顔と「イエス、ウィーキャン」を意味するフランス語が書かれている。

匿名の4人は「オバマ氏を担ぎ出そうというアイデアは、ビールを飲みながらの議論で出てきた。信用できる候補に賛成票を投じるのではなく、ここ何年も反対票を投じてきた。もうたくさんだ」と話す。

運動を開始して1週間足らずで4万人もの署名が集まった。4人は、3月15日までに100万人の署名を集めてオバマ氏に出馬を要請したいというが、フランスの法律で大統領はフランス国民であることが義務付けられており、オバマ氏立候補の可能性はない。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  4. 4

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  5. 5

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  6. 6

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  7. 7

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  8. 8

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

  9. 9

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。