記事

“バイク便おやじ”はなぜフィリピンで英語ビジネスを始めたのか

村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影

欧米に留学するよりも安価、日本からも近いし効果アリ、と最近日本のビジネスマンに人気なのがフィリピン英語留学。そのメッカともいえるのがフィリピン・セブ島だ。セブ島に本部を置き、Skypeを使ったオンライン英語学習プログラムとフィリピン留学(オフライン)の両方のサービスを展開するのが「QQイングリッシュ」(http://www.qqeng.com/)。イギリスで開発された英語学習法「カランメソッド」の正式認定校でもある(http://president.jp/articles/-/19282)。

社長の藤岡頼光氏は高卒でバイク便を始め、40歳から英語を本格的に勉強。その数年後に語学学校を開設し、手探りで学校経営に取り組んだ。今は400兆円とも言われる世界の教育市場をインターネットの力で変えたい、と話す。“バイク屋のおやじ”はなぜ中年から英語事業に取り組むのか。中高年から英語を覚えるコツとは? 藤岡氏と田原総一朗氏の対談、完全版を掲載します。


バイク便「キュウ急便」とバイクの輸入販売


【田原】藤岡さんはフィリピンのセブ島で英語学校を運営されています。そもそもどうして英語に興味を?

【藤岡】もともと英語はまったく話せなかったんです。高校卒業後、浪人しているときに父が亡くなって進学を断念。自分でお金を貯めてアメリカで一旗揚げようと考え、ウィスコンシン大学のミルウォーキー校に留学するために現地のESL(語学学校)に入学しました。ESLはTOEFL500点あれば授業を受けさせてくれたので。でも、授業にはまったくついていけませんでした。100ページの本を読んでレポートを10枚書けといったような課題が毎日出て、もうこれは死んじゃうぞと。結局、英語が何も話せないままギブアップして帰国してしまいました。

【田原】帰国後はバイク便の会社をつくりますね。どこかにお勤めにならなかったんですか。

【藤岡】海外に興味があって、貿易の事業をやりたいと考えていました。かといって、手元に開業資金はありません。いまならインターネットで起業するのかもしれませんが、当時はインターネット登場前。お金をかけずにできることはないかと考えて、最初は個人事業主のバイク便ライダーから始めました。いずれにしてもサラリーマンになるつもりはまったくなくて、喉が渇いたら水を飲むように勝手に体が動いて起業しました。

【田原】バイク急便の会社をつくったのはどれくらい前ですか。

【藤岡】「キュウ急便」というバイク便で、会社は25年前です。業界の中では先行ではなく、5年ぐらい遅れていたと思います。それでも事業としては順調にいって、ピークで約100人、景気が悪くなった後も70~80人の従業員がいました。

【田原】仕事で英語は使わなかったんですか。

【藤岡】バイク便のおやじですから。

イタリア語の難しさに比べたら、英語はマシ


【田原】でも、もう一回、英語を勉強し直したそうですね。それはどうして?

【藤岡】バイク便だけでなくバイクの輸入販売も手がけていました。仕入れの仕事でイタリアに行ったとき、とても素敵なスクーターに出合いました。イタリアで90年続く老舗メーカーのスクーターです。これをつくっている人と話をしてみたくなり、いきなりオーナーに会いにいきました。ホンダやヤマハの国からバイク屋がきたということで、オーナーはすごく喜んでくれましたよ。でも、私は英語を話せなかったので、あまり話ができなかった。それでやっぱり語学は必要だなと。

【田原】通訳は連れていかなかった?

【藤岡】オーナーとしたかったのは、仕事ではなくて趣味の話。好きな趣味の話をするときに、通訳を入れるのはどうしてもいやでした。

【田原】相手はイタリア人です。なぜイタリア語じゃなくて英語?

【藤岡】じつは最初は、フィレンツェにあるイタリア語学校に通ったんです。でも、1日で音をあげました。イタリア語はおかしいですよ。英語の動詞は3段活用ですが、イタリア語は7段です。過去形も遠過去、近過去で分かれていたり、主語が男性か女性かによっても変わります。これはとても覚えられません(笑)。

【田原】それで英語のほうがマシだと。

【藤岡】おっしゃるとおりです。私はいままで英語が苦手だと思っていました。でも、イタリア語に比べたら、すでにずっと知っているんですね。たとえばイタリア語ではゼーロ、ウーノくらいしかわからなくても、英語なら少なくても1から10まで数えられます。目的はオーナーと交流することで、オーナーは英語が話せます。それなら英語を勉強し直したほうが楽だし早いと考え、再チャレンジしました。

40歳からフィリピンに通い、英語を本気で勉強



QQイングリッシュでは、Skypeを使ったオンライン英語学習プログラムとフィリピン留学(オフライン)の両方のサービスを展開(http://www.qqeng.com/)。

【田原】英語を勉強し直そうとしたのは40歳。まず何から始めましたか。

【藤岡】英語を話す環境に身を置いたほうがいいと考えて、留学を検討しました。ただ、東京で仕事をやっているので遠くにはいけません。日本から一番近い英語圏はどこかと探したところ、フィリピンのセブ島に英語学校があることを知りました。値段が欧米留学の半額以下で、何よりマンツーマンで教えてくれることが魅力でした。

【田原】アメリカの学校はマンツーマンじゃなかったんですか。

【藤岡】アメリカは1対20のグループ。だからついていけなくても、授業はどんどん先に進んでしまう。グループ授業だと二の舞いになりそうだし、マンツーマンなら、メーカーのオーナーと話したいというニーズに合わせてオーダーメイドで授業をやってくれるんじゃないかという期待がありました。それで、セブに行こうと。

【田原】セブの語学学校は、現地の人が経営しているのですか。

【藤岡】いえ、当時は韓国系の学校ばかりでした。韓国は1997年に経済危機があって、海外に出ていかなければいけないと意識が変わった。英語熱が高まった彼らが留学先として目をつけたのがセブ島です。2000年ごろから英語学校が次々に設立されて、私はその中でも一番大きなところに留学しました。「生徒の95%が外国人」という触れ込みでしたが、その95%は全員韓国人。つまり韓国人が韓国人のためにつくった英語学校でした。


欧米への英語留学と違い、フィリピン英語留学では先生と生徒がマンツーマンの学校も多い。

【田原】英語学校のシステムがよくわからないのですが、授業は何時間くらいあるのですか。

【藤岡】1日8時間です。欧米の学校は1日3~4時間で午後は自由という形が多いですが、フィリピンは1日中授業があり、3食付き。学校の中に宿泊施設があって、授業以外でも勉強できる環境が整えられていました。ジムやプール、シアタールームも併設されていましたから、その気になれば一歩も外に出ないで生活できます。これは学習効果を狙ってというより、観光客が夜中に歩いて平気な環境ではなかったことも大きかったと思います。

【田原】実際に行ってどうでした?

【藤岡】最初に1カ月いきました。どうせ1カ月じゃ伸びないだろうと思っていたから、最初は様子見で遊びにいったような感じでした。

【田原】1カ月も自分の会社を放っておいたんですか。心配じゃなかった?

【藤岡】当時の副社長に自分の代わりができるよう鍛えるのに2カ月かかりました。おかげで私が不在の間もうまく会社を回してくれて、とくに問題は起きなかった。逆に私の居場所がなくなってしまったくらいです。会社は任せられるようになったので、最初の留学から帰国後も東京とセブを行き来する生活を10カ月続けました。

【田原】またセブ島に行ったということは、手ごたえがあったということですか?

【藤岡】英語がすぐ上達するかどうかはともかく、少なくても続けられると思いましたね。マンツーマンだと自分しかいないからサボりにくいというのもあるし、何より先生が一生懸命にやってくれるから、それに応えなきゃという気持ちになれます。

フィリピン人のホスピタリティは世界一


【田原】先生はフィリピン人?

【藤岡】はい。フィリピン人のホスピタリティは世界一です。フィリピンには兄弟10人くらいの大家族が珍しくなくて、みんな助け合って生きています。世界中で家政婦さんや看護師さんとして引っ張りだこになっているのも、思いやりの精神が根底にあるから。英語学校でもホスピタリティを発揮してくれるので、とても気持ちよく授業を受けられました。

【田原】ちょっとわからない。英語の先生に求められるホスピタリティって具体的にどんなものですか。

【藤岡】私はフィリピン人が世界で一番英語を教えるのがうまいと思っています。なぜなら、フィリピン人はネイティブじゃないから。セブ島はビサヤ語が母語ですが、彼らは小学生のころから英語を学んで身につけます。英語の勉強がどれだけ大変なものかよく身をもって経験しているから、生徒にも思いやりを持って接することができるんです。たとえば会話をして日本人生徒がわからないところがあったとします。先生がイギリスのネイティブだと、日本人は3回聞いてわからないと遠慮して「わかった」と言いたくなります。でも、フィリピン人の先生はニコニコして同じことを100回でも教えてくれる。生徒からすると、こんなにありがたいことはないです。

仕事の合間に細切れでセブ島に通って勉強


【田原】セブの学校ではどんな勉強をしていたのですか。

【藤岡】留学して痛感したのは、インプットなしにアウトプットは出てこないということ。だから2回目のときは授業に出るのを1週間やめて、単語を2000語ぐらい覚えました。


QQイングリッシュ代表 藤岡頼光氏

【田原】セブで? そんなの日本でできるんじゃないですか。

【藤岡】まったくおっしゃる通りです。ただ、東京にいるとどうしても仕事の電話がかかってきます。集中して勉強するには、東京から出たほうがいいなと。

【田原】単語を覚えたら話せるようになりましたか?

【藤岡】いえ、全然(笑)。この勉強法は大失敗で、単語を覚えても会話じゃほとんど使えませんでした。会話は単語ではなくセンテンスでやるのだから、インプットするならセンテンスじゃないと意味がない。そのことに気づいて、東京に戻って『DUO select』というテキストを購入して、とんぼ返りでセブに戻ってまた暗記です。

【田原】これもわざわざフィリピンに戻って覚えたの?

【藤岡】はい。発音も大事ですから、まず先生にセンテンスのうち最初の3語くらいを話してもらって、私はそれの真似をして発音。少しずつ長くして、センテンスを覚えるというやり方をしていました。

【田原】それなら先生がいる意味がありますね。その勉強法を10カ月お続けになった。ほぼ行きっぱなしですか。

【藤岡】いえ。日本にいる時間のほうが長かったです。セブに行くのは月1~2回で、1回3日から1週間程度。最短1日で帰ってきたこともあったかな。時間を見つけてはセブに行き、終わると慌てて日本に戻るといった生活でした。

【田原】細切れでよく上達しましたね。

【藤岡】たぶん留学だけでは話せるようになっていなかったと思います。私は日本に戻っている間も、セブの先生からオンラインで授業を受けていました。話せるようになったのは両方やっていたおかげです。

【田原】オンラインは学校のカリキュラム?

【藤岡】違います。私がセブに行ったのは2005年ですが、当時、オンライン英会話は影も形もありませんでした。ただ、スカイプという無料通話のシステムはできていたので、私が先生4人にパソコンを買って渡して、勝手に始めました。当時は回線代も高くて、えらい出費でした。

【田原】とするとオンライン英語学習は、藤岡さんがつくった?

【藤岡】おそらくそうじゃないかと。オンライン英会話学校が出始めたのが2006~2007年ごろで、その前から私が個人的にやっていたことは確かです。


Skypeを使ったオンライン学習事業

オンラインで学習できるなら、留学する必要はないのでは?


【田原】オンラインで勉強できるなら、セブに留学しなくてもいいんじゃないですか。

【藤岡】オンラインとオフラインは両方あったほうがいいんです。というのも、オンラインだけでは続かないから。オンラインでやりつつ、3カ月後とか半年後にこの先生に会えると思うから、単調なレッスンも楽しめます。

【田原】2つあったから藤岡さんも続けられて話せるようになったと。当初の目的のオーナーとは会話できるようになったのですか。

【藤岡】はい。バイクの会社は昨年の8月に売却したので仕事上のつながりはなくなったのですが、いまでも友人として仲良くさせていただいています。もちろん会えば英語で話してます。

【田原】中高年になってから英語を覚えるのは、やっぱり大変だったと思う。あらためて聞きます。英語を覚えるコツは何ですか。

【藤岡】大事なのは目的をはっきりさせること。目的が明確になれば、捨てていいものが見えてくるじゃないですか。たとえば私はオーナーと交流することが目的だったから、TOEICの点数をあげる必要はないし、受験のテクニックも要りません。発音だってネイティブのレベルは求められていない。若い人なら欲張ってぜんぶやるのもいいけど、40代は無理。中高年は何を捨てるのかを決めることが上達の近道だと思います。

フィリピンで手探りの学校経営


【田原】英語ができるようになった。その後、どうしてご自分で学校をやろうと思ったのですか。

【藤岡】フィリピン人教師は教えるのがとてもうまいのに、学校は韓国系ばかり。日本の人にもっと知ってもらいたいという思いから、自分で学校をやることにしました。

【田原】学校の経営は初めてでしょう? ノウハウはあったんですか。

【藤岡】まったくないです。最初はマンツーマンに適した教科書もありませんでした。家庭教師用の教材はあっても、2人用だから二人称までしか出てこない。マンツーマンでも三人称を教えられるような教材を一からつくりました。

【田原】先生は?

【藤岡】これも最初は苦労しました。オンラインはすぐオープンしたのですが、留学のオフラインのほうは許認可を取るのに1年半ほど時間がかかりました。その間、先生をトレーニングするために無料で生徒を募集して教えていたのですが、ある先生は50分の授業で一言も話さず、生徒さんから「いくら無料でもひどすぎる」と苦情を受けてしまった。先生に理由を聞いたら、「マンツーマンだと何を話していいのかわからなかった」という。それくらい先生側にも教えるノウハウがなかったんです。

【田原】どうやって先生の質を高めたんですか。

【藤岡】まず考えたのは、コピーはやめようと。韓国系の学校はアメリカ留学やイギリス留学の安いコピーで、誰が先生になっても変わらないようにマニュアルをつくって先生を大量生産していました。でも、バイク屋のときの経験で、そのやり方は続かないとわかっていました。かつて日本に中国から安いコピーバイクがたくさん入ってきたことがあったのですが、結局、生き残らなかった。留学も同じで、欧米のコピーではいずれ廃れます。そうしないために、メイド・イン・ジャパンでどこにも負けない品質の英会話学校をつくろうと考えました。


フィリピンのセブ島は、今や英語留学のメッカとなっている。

フィリピン人スタッフは全員正社員で雇用


【田原】考え方はわかります。具体的にはどうしたんですか。

【藤岡】先生を正社員で雇って、国際的な英語教師のライセンスであるTESOLを取得させました。私は教師も職人だと考えています。職人はマニュアルで育ちません。同じことを長期的に視点でやり続けることで腕が磨かれていきます。英語教師も、正社員にして安定的な雇用にすることで教え方がうまくなっていきます。いま私たちの学校には900人の先生がいますが、全員、正社員。いまセブには約300の英語学校がありますが、全員が正社員なのは私たちだけです。

【田原】正社員ですか。先生の月収はどれぐらいですか。


田原総一朗
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。本連載を収録した『起業家のように考える。』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。


【藤岡】最低賃金は8000ペソですが、われわれは1万3000ペソ。日本円でいうと約3万円で、セブの学校の中でももっとも高い水準です。優秀な先生はたくさんもらえる仕組みになっていて、人気のある人はフィリピンで一番稼いでいると思います。

【田原】高給だと、たくさん応募がありそうですね。

【藤岡】先生の採用は200~300倍です。逆に、辞める人はほとんどいません。プロではない講師を使っている学校は、4000人の登録があっても、1年でほぼみんな入れ替わります。私たちは900人いて、月に10人も辞めない。辞めるのも、女性の先生が生活の環境が変わって退職するというケースが多いです。

【田原】雇用の安定はフィリピンの人にとってもありがたいでしょうね。

【藤岡】私たちは他人の軒先を借りて商売をしています。だったら、その国のためになることをしなきゃダメ。たんに教師の品質を高めるためだけなら先生以外の人はパートでいいはずですが、私たちはドライバーから掃除のスタッフまで、全員を正社員で雇っています。フィリピンと一緒に自分たちも成長できるシステムをつくることが、メイド・イン・ジャパンの経営のいいところだと思っています。

社長が魂で語りかければ従業員はついてくる


【田原】日本流の経営はフィリピンでも通用しますか。

【藤岡】日本流といっていいのかわかりませんが、私は縁や絆といったものを大事に経営しています。たぶん1000人くらいの規模までなら、社長が魂で語りかければ従業員もついてきてくれます。バイク便のときがそうだったし、いまも同じ。当初は「フィリピン人はドライだから、いい条件のところにすぐ移るよ」と脅されてましたが、私たちのところはそういった問題があまりありません。ただ、社員が10万人になるとよくわかりませんね。欧米式のきちんとしたマネジメント手法が必要になるのかもしれません。

【田原】ほかにも差別化のポイントはありますか。

【藤岡】ほかのオンライン英会話は、英語を学びたい生徒と教えたいアルバイトの先生とのマッチングサイトで、月会費を取ってしゃべり放題のシステムを採用しています。でも、これって伸びないんですよ。学習のメソッドも何もなく、自己紹介やフリートーキングばかりしていても上達しませんから。私たちは1回いくらのポイント制にしています。

【田原】しゃべり放題のほうがお得に感じるけど、どうですか。

【藤岡】経営側から見ると、しゃべり放題は幽霊会員ができることを期待するシステムなんです。生徒さんが月会費だけ払って授業を受けないのがもっとも儲かる。そして、会員数をどんどん増やして上場を目指す。そういうビジネスモデルです。でも、それが本当に生徒さんのためになるのか。私たちは英語の上達を最優先にしていますから、あえてポイント制にしています。

【田原】それだと儲からないんじゃないですか。

【藤岡】はい。しゃべり放題を採用している会社に、コテンパンに負けました(笑)。私たちはあまり大きくなれなくて、業界3位に甘んじています。ただ、世界を見るとまた違うと考えています。しゃべり放題のシステムは自動引き落としが必要ですが、何もしないうちからの自動引き落としが通用するのは日本くらいのもの。中国や韓国ではできません。世界で展開するなら、ポイント制に分があります。

学生の約半分は外国人



【田原】実際に日本以外でも展開しているんですか。

【藤岡】いま生徒さんはオンラインで1万人強、留学が約5000人ですが、半分が日本人で、半分はインターナショナル。中国、韓国、台湾、イラン、ロシア、ブラジル、ベトナムなど、いろんな国や地域の生徒さんが学んでいます。

【田原】そうですか。海外の生徒はどうやって獲得するんですか。

【藤岡】英語のサイトがあるので、それを見て勝手に来ます。あと、うちに留学していた生徒さんが、「自分の国でもやらせてくれ」といって母国でオフィスを開設するパターンが増えています。

【田原】子会社? それともフランチャイズみたいなものですか?

【藤岡】いちおう出資はしていますが、額は小さいです。フランチャイズになるのかな。集客や集金は自由にやってもらって、オンライン英会話のシステムは私たちのものを利用して先生にお金を払ってもらうという形にしています。

【田原】そうですか。逆にフィリピン以外に学校を置くことは考えてない?

【藤岡】どうでしょうか。英語を教えるのはフィリピン人が一番うまいと思っていますから、そこはこだわりたいです。別の国にフィリピン人を連れていって学校をやるということはありえるかもしれませんが。

【田原】ところで、オンラインと留学、売り上げはどちらが大きいんですか。

【藤岡】半分半分で、どちらも8億円前後です。じつは私たちのビジネスモデルは両方あるから成り立っています。私たちはセブで家賃が一番高いところにセンターを置いています。一方、料金は300校の中でもっとも安いという統計がある。高コスト、低料金が成り立つのは、センターを24時間で使い倒しているから。留学の授業がない時間もオンラインの授業で使うので、無駄がないのです。

【田原】なるほど。学習効果だけでなく、経営面でも両方やる意味があるということですね。

自動翻訳、小学校英語教育で、英語教育市場はどうなる?


【田原】英語教育市場の展望はどうですか。日本人の英語熱は高まっていますが、一方で自動翻訳の技術も進んでいます。

【藤岡】グーグルの翻訳はたしかにすごい。私が訳すより正確です(笑)。英会話業界にとって、あれは脅威というよりプラスですよ。英語のWebページを簡単に読めるようになれば、次は自分の言葉でしゃべりたいという欲求が出てくると思うので。

【田原】小学校で英語の教科化が決まりましたね。あれはどうですか。

【藤岡】チャンスです。小学校からきちんと英語を教えれば、将来はフィリピンみたいに日本人もみんな英語を話せるようになって、大人向けの英会話学校はなくなるかもしれません。ただ、そういう時代になっても小学生はまだ英語を話せないわけで、そこに私たちの出番があるだろうと。

【田原】どういうことですか。

【藤岡】学校にはスピーキングを教える先生がいないので、外部を活用して単位を認定していく学校も出てくると思います。ただ、一般のオンライン英会話学校は大学生がアルバイトで教えているから単位認定プログラムに適さない。私たちはプロ教師ですから、その点はクリアできます。実際、学校からの問い合わせが増えています。すでに今年度から福岡県飯塚市の22の小学校にQQイングリッシュが導入されていますし、ほかにも市町村単位で採用を検討しているところがいくつかあります。

【田原】じゃ英語教育のニーズはそう簡単になくならないですね。

【藤岡】はい。さらにいうと、教えるのはべつに英語じゃなくてもいいと考えています。オンラインでアメリカ人に数学を教えたっていいんです。インターネットを使った教育システムは教育の大革命で、400兆円といわれる世界の教育市場を根底から変える可能性を秘めています。でも、IT業界でもっとも強いアメリカ人は英語ネイティブなので、オンライン教育の革命性にまだ気づいてない。そういう意味では日本企業に大きなチャンスがあるし、ぜひその革命を自分の手でやってみたいと思っています。

インターネットで教育に革命が起こった


【田原】ところで、セブ島にはいま若い日本人起業家がたくさん集まっていると聞きました。藤岡さんの学校出身の人も多いそうですね。

【藤岡】そうですね。うちで英会話を習った卒業生が自分で英会話学校をつくったり、IT企業やレストラン、貸事務所の事業をやったりしています。ぜんぶで20数人はいますね。英会話学校は競争相手になるわけですが、みんなで切磋琢磨しながらセブ島を盛り上げてくれたらいい。当然、私も簡単に負けるつもりはありません。



【藤岡】教育は400兆円産業で、もともと一社じゃ革命は起こせません。ですから、同じような志の仲間が増えるのは大歓迎です。ただ、信頼できない会社が増えるのは困りますね。

【田原】ライバルが増えるのはかまわない?

【田原】これからさらに競合も多く出てきそうですね。

【藤岡】はい。業務提携していた上場企業に、私たちの東京オフィスの代表とスタッフをごっそり引き抜いて新会社を設立されてしまいました。フィリピンの先生たちは私たちの味方なので影響はないのですが、やり方がひどい。

【田原】それは大変でしたね。

【藤岡】いま弁護士の先生と相談して、法的な対応も準備中です。

【田原】ベンチャーが大企業を訴えると、向こうも黙っていないでしょう。返り血を浴びるかもしれませんよ。

【藤岡】そこは悩みどころです。たしかにリスクはありますが、自分たちがやっていることは大企業に盗まれるほど正しかったということを世間にアピールする機会にもなりますし。また相談させてください。

【田原】わかりました。何かあったらいつでも話を聞きますよ。頑張ってください。

藤岡さんから田原さんへの質問


Q. 田原さんは英語を話せますか?

【田原】僕は英語が得意ではありません。普段は困りませんが、ブッシュ大統領(息子)へのインタビューが決まったときはさすがに焦りました。通訳は同席させないという条件だったからです。

インタビューの準備で、まず質問事項を通訳の方に英訳をしてもらいました。でも、それを読んでもピンとこない。知らない単語がたくさん並んでいて、自分の言葉に思えなかったからです。そこで現地の別の通訳の方に頼み、直前に難しい単語を外してもらいました。

おかげでインタビューはうまくいきました。答えにくい質問もぶつけましたが、ブッシュは逃げずに丁寧に答えてくれた。コミュニケーションは日本語も英語も同じ。自分の言葉で話すことに意味があるのだと思います。

田原総一朗の遺言:自分の言葉で話せ!


編集部より:
次回「田原総一朗・次代への遺言」は、freee代表・佐々木大輔氏のインタビューを掲載します。一足先に読みたい方は、2月27日発売の『PRESIDENT3.20号』をごらんください。PRESIDENTは全国の書店、コンビニなどで購入できます。

あわせて読みたい

「英語教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  3. 3

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  4. 4

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

  5. 5

    居酒屋通う高校生への批判に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  7. 7

    藤井市長の判決は政治に悪影響

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    大相撲の内輪もめが長引くワケ

    文春オンライン

  9. 9

    「獺祭」社長 生出演で悲痛激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    イオンに忍び寄るAmazonの脅威

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。