記事

圧力に反発してこそメディア

週刊「世界と日本」平成29年2月6日号

アメリカのトランプ大統領が、就任1週間前の会見で、CNNの質問を受け付けないという態度を取った。それに対してはCNNの商売敵であるFOXもCNNを擁護し、トランプ氏を非難した。


自分の立場・地位・権力を利用して、他者の正当な権利を侵害することは、暴力にほかならない。しかし実際には、施政者がメディアに圧力をかけることは、いつの時代もどこの国でも起こること。そういうものだという前提で考えたほうがいい。


そういうものであるからこそ、メディア側は、そういう圧力をいつでも押し返せる姿勢で構えていなければいけない。施政者が圧力をかけてこようものなら、反射的に反応できなければいけない。「そっちがその気なら……」とばかりに、圧力をかけてきたこと自体を世間に伝えるべきなのだ。そんなときこそ、施政者が世間の目をそらそうとしているところにさらに世間の注目を集めるべきなのだ。


そういう意味で、メディアは“やんちゃ”でなければいけない。強い者からの押しつけに、「はい、わかりました」と従うようでは務まらない。それでこそ、政治とそれを監視するメディアの力関係が保たれる。


「国境なき記者団」の2016年度発表によれば、日本の報道の自由度は対象180カ国中72位とのこと。2010年度には11位であったから、この6年間で「凋落した」といえる。学校で先生の言うことをよく聞いて、“優等生”を続けてきた“エリート”がメディアを作っているのであればそうなるのも道理である。


かわりに今メディアは、叩きやすい者を徹底的に叩くことに躍起になっている。自分より強い者から抑圧された弱者が、さらに自分よりも弱い者を利用してストレスを発散する構図に似ている。


日本のメディアには、“やんちゃ”だけど弱い者いじめはしない“腕白坊主”が必要だ。

※週刊「世界と日本」(内外ニュース発行)平成29年2月6日号に寄稿した記事を転載しました。

あわせて読みたい

「ジャーナリズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  4. 4

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  6. 6

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  7. 7

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  10. 10

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。