記事

稚拙としか言えないトランプ大統領のマスコミ対策

アメリカの国内でもウンザリしている方々が多いと思うが、トランプ大統領になってからのアメリカは如何にも痛々しい。

日本の国会議員はたとえ気が付いていても何も言わないでただじっと見守っていた方が得策だろうと思うが、こんな調子では先行きが危ぶまれてどうしようもない。
とても4年間は持ちそうにないな、と言わざるを得ない。

人心は、離れる一方だろう。

これほどにトランプ氏のマスコミ対策が拙劣だとは思わなかった。
言葉遣いも、その物腰もまったく洗練されていない。
ビジネスの世界からいきなり政治の世界に転進するということが如何に無謀なことであるかを思い知らされたような気がしている。

我儘の言いたい放題、我儘のしたい放題の観がある。

世界の指導者たちからおよそ尊敬されないような振舞いをしているトランプ氏を心から歓迎して迎えるような国があるだろうか、と心配になる。

イギリスとは特別の関係だ、と一時誇示していたイギリスも、今ではトランプ大統領を敬遠気味のようである。
安倍総理はトランプ大統領と本当に特別の関係になったような観があったが、大方の日本の国民は白け切っている、と言っていいだろう。

困ったことである。

いつになったらアメリカがまともになるか、まったく予想が付かない。
何事もありませんように。
ひたすら、そう祈るだけである。

メディアと大喧嘩していて世界の世論を味方につけることなど不可能だろうと思っているのだが。

いや、困ったことだ。
森友学園の問題など、小さい、小さい。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHKが過労死を4年間封印した訳

    篠田博之

  2. 2

    小池氏の築地再開発は騙し討ちか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    壇蜜が明かすヌードのデメリット

    fujipon

  4. 4

    大阪に工作員論で差別助長は当然

    小林よしのり

  5. 5

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  6. 6

    女性議員の劣化 原因はマスコミ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    女性専用車両の発想は差別と類似

    山口浩

  8. 8

    女性専用車で男が呆れた抗議行動

    猪野 亨

  9. 9

    セクハラ問題 個人叩きで進まず

    ニャート

  10. 10

    SNSで身近に感じる「死の意識」

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。