記事

オランダ枢密院、ユーロ巡り選挙後に議論へ 脱退も検討対象に

[アムステルダム 24日 ロイター] - オランダ議会は、3月15日の総選挙後に国の最高諮問機関である枢密院で同国とユーロの将来的な関係について総合的な議論を行うことを決めた。

フランスやドイツと同様に、オランダでも大衆迎合主義的な政党が議会選での躍進を目指している。

野党・キリスト教民主勢力のPieter Omtzigt議員によると、枢密院の審議対象に制限はなく、ユーロ圏からの撤退やその方法についても検討する可能性があるという。

議会は枢密院に対し、ユーロの安定を強化する方策に合わせ、「政治的・制度的な将来の選択肢」を検討するよう求めている。ただ、枢密院の勧告は拘束力はない。

あわせて読みたい

「オランダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

  8. 8

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  9. 9

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  10. 10

    W杯は現場よりTVで観た方がいい

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。