記事

オランダ枢密院、ユーロ巡り選挙後に議論へ 脱退も検討対象に

[アムステルダム 24日 ロイター] - オランダ議会は、3月15日の総選挙後に国の最高諮問機関である枢密院で同国とユーロの将来的な関係について総合的な議論を行うことを決めた。

フランスやドイツと同様に、オランダでも大衆迎合主義的な政党が議会選での躍進を目指している。

野党・キリスト教民主勢力のPieter Omtzigt議員によると、枢密院の審議対象に制限はなく、ユーロ圏からの撤退やその方法についても検討する可能性があるという。

議会は枢密院に対し、ユーロの安定を強化する方策に合わせ、「政治的・制度的な将来の選択肢」を検討するよう求めている。ただ、枢密院の勧告は拘束力はない。

あわせて読みたい

「オランダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  2. 2

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    手入れ、値段…革靴通勤に疑問

    キャリコネニュース

  5. 5

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  6. 6

    安倍首相の続投希望 企業の7割超

    ロイター

  7. 7

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  8. 8

    セクハラを政治利用 野党に指摘

    AbemaTIMES

  9. 9

    希望議員 新党名「ゼロ」を提案

    せき 健一郎

  10. 10

    日産を仏企業に? ゴーン氏容認か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。