記事

セブン&アイ「脱・鈴木」で井阪社長が挑む構造改革

経済ジャーナリスト 水月仁史=文 宇佐見利明=撮影

「脱・鈴木」で井阪体制を固める

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は3月1日付で、グループ事業会社のトップ人事を刷新する。井阪隆一社長にとっては昨年5月の就任後に打ち出した本格的な人事であり、「創業家の反乱」でカリスマ経営者、鈴木敏文氏が去った後、人事面で「脱・鈴木色」を鮮明にし、いまだ道半ばにある構造改革を加速するのが狙いだ。


典型は祖業である総合スーパー、イトーヨーカ堂のトップ人事で、昨年1月、鈴木氏に請われ顧問から再登板した亀井淳社長が退任する。また、ファミリーレストラン「デニーズ」を運営するセブン&アイ・フードシステムズの大久保恒夫社長も退く。亀井氏は2014年までヨーカ堂の社長を務め、大久保氏はヨーカ堂在籍時に鈴木氏の直属の部下を務め、ともに鈴木体制を支えてきた。それだけに、両氏の退任はグループからの鈴木カラーを一掃し、井阪体制を固める意味合いが濃い。

両社の後任社長には、ヨーカ堂が三枝富博常務執行役員、セブン&アイ・フードシステムズは小松雅美取締役執行役員がそれぞれ昇格する。三枝氏は1997年の中国・成都へのヨーカ堂出店に計画当初から参画するなど、中国での総合スーパー事業を成長に導いた実績があり、ヨーカ堂社長就任後も中国事業部管掌を兼ねる。小松氏はデニーズジャパン(現セブン&アイ・フードシステムズ)の生え抜きで、レストラン事業部長としてデニーズの運営を担ってきた。両氏はともに業績不振からの脱却が喫緊の課題となる。

一方で、井阪体制は人事面での創業家回帰もにじませた。創業者、伊藤雅俊名誉会長の次男で、昨年12月にセブン&アイHDの執行役員から常務執行役員に昇格した伊藤順朗取締役経営推進室長は3月1日付でヨーカ堂の取締役も兼ねる。セブン&アイHDを約25年にわたって率いてきた鈴木氏が退陣する発端となった創業家と鈴木氏の確執に伴い、昨年12月には鈴木氏の次男で取締役だった鈴木康弘氏が退任しており、内紛を象徴する対照的な人事となった。

これから構造改革の真価が問われる

鈴木氏に退任を迫られながらコンビニエンスストア事業のセブン-イレブン・ジャパン社長から昨年5月に鈴木氏の後任としてセブン&アイHD社長に就いた井阪氏は、今回のグループ事業会社のトップ人事を含めた一連の人事で、人事刷新を終える。グループの新経営体制への移行を踏み台に、懸案の構造改革を加速させたい意向だ。

井阪氏が社長就任から人事刷新を終えるまでにほぼ10カ月という長い期間を掛けた背景には、内紛によりカリスマ経営者としてグループ内で圧倒的な求心力を持っていた鈴木氏が退陣した事実を非常事態として重く受け止め、社内融和を重視した面がうかがえる。

しかし、グループ人事刷新による新体制のスタートで、構造改革が一気に加速するかは依然、不透明さが残る。昨年10月に発表した構造改革案は道半ばであり、百貨店事業、総合スーパー事業の立て直し策は急務だ。実際、16年3~11月期の連結決算は、主力のコンビニ事業は好調だったものの、スーパーや百貨店の減損損失が膨らんだ結果、最終利益は前年同期比40%減の755億円と落ち込んだ。

相変わらずコンビニ事業と金融事業に依存した収益構造にあり、創業家回帰を強め祖業であるヨーカ堂の不採算店舗の閉鎖で手を緩めるようなことがあれば、構造改革に遅れが生じかねない。井阪氏は社長就任時、「グループが一枚岩になっていく」と強調し、グループ一体となった経営を目指す方針を掲げた。その意味で、グループ人事を終えたいま、井阪体制が構造改革の真価を問われるのはこれからだ。

あわせて読みたい

「セブン&アイ・ホールディングス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  2. 2

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    下村氏の無責任さ 元秘書の嘆き

    文春オンライン

  4. 4

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  5. 5

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  6. 6

    「あくまで個人の感想」違法に?

    永江一石

  7. 7

    橋下氏 東京都の情報黒塗り批判

    橋下徹

  8. 8

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

  9. 9

    痴漢で持病の発作を抑えた高校生

    PRESIDENT Online

  10. 10

    籠池氏の詐欺罪起訴は検察の汚点

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。