記事

「ワシントン・ポスト」の革命/テクノロジーによる復活はどう行われたか?

1/2
たった3年前には、負け組であった老舗新聞社のWashington Post
Amazon創業者Jeff Bezos氏による同社買収の後、同社内部で何が起きたのか?
伝統的ジャーナリズムが、どのようにして成長メディアへと転じたのか?
同社で起きた“革命”を、同社の誇るテクノロジーリーダーらが語る

AmazonのJeff Bezosが2013年に2億5000万ドルで買収した新聞社Washington Post(以下、WaPo)。
1800年代に創業以来、長くファミリービジネスに守られ、ウォーターゲート事件報道に代表されるように、栄光ある歴史と伝統を体現する一方、メディア事業としてはじり貧が抜け出せずにいた同社。いよいよ旧態依然のメディア経営で立ち行かなくなり、Bezos氏個人にメディア事業を単体で売却されて以降、オンラインメディアへの急激な転換とその加速ぶりは、よく知られているところです。

“歴史的な復活”を遂げた2016年


2016年暮れ、発行人Fred Ryan氏は、WaPoスタッフ宛にあてたメールで、同社が「利益を生み、かつ成長する」メディアとなったことを祝いました(参照 ⇒ The Washington Post is ‘profitable and growing,’ publisher says)。WaPoは、16年をWaPoにとり歴史的な年として終えたのです。

急成長し、デジタルの先行者「NYT」を追い上げるWaPo

急成長し、デジタルの先行者「NYT」を追い上げるWaPo (出典:Digiday  ベゾス率いる「ワシントンポスト」、ビジター数で「NYタイムズ」を抜く)

同氏はそのメールで、以下をハイライトしています。

  • 同社が自前で開発したCMS(コンテンツ発行システム)「Arc Publishing」を利用する外部メディアが2ケタ超に
  • WaPoのユニーク来訪者数(月次)が米国内だけで1億人、外国からは3000万人に近づいた
  • 16年には、PVが50%近く増加
  • デジタル購読収入は年間で75%増。デジタル広告収入も、昨年の最高値を40%上回った

2016年は、4年に1度の大統領選とオリンピックが開催された年であり、特に大統領選をめぐっては、メディアとの衝突を繰り返したトランプ旋風が、同氏に批判的なスタンスをとったメディアに歴史的な追い風となったことも見逃せません。
が、WaPoにとっては、“神風”もひとつの材料でしかありません。なにより、Bezos氏仕込みの数々のデジタル化施策がその復活と成長の大きな原動力であったことに疑う余地はありません。

WaPoのテクノロジーヒーローたち

本稿では、WaPoのデジタル化戦略のリーダー2名へのインタビュー記事「Revolution at The Washington PostWashington Postにおける革命)」を紹介し、“革命”がどのようなものだったのか、そのリーダーたちのコメントから探ります。

Revolution at The Washington Post

Revolution at The Washington Post

インタビューするのは、Columbia Journalism Reviewの編集長兼発行人のKyle Pope氏。インタビューに答える2人のリーダーとは、CIO(最高情報責任者)であるShailesh Prakash氏(略歴 ⇒ こちら)と、同社でデザインとプロダクトを担当するディレクターJoey Marburger氏(略歴 ⇒ こちら)です。
Prakash氏は、NetscapeやMicrosoft、その他流通企業でのIT関連業務の経験をもつベテランの技術者ではありますが、メディア経験は、5年前に加わったWaPoが唯一です。一方のMarburger氏は、両耳にピアスをした、ミュージシャンをめざしたこともあるジャーナリスト育ち。記者、編集者をキャリアの出発点に持ちながらも、以後、デジタル化、アプリなどの開発プロジェクトを担当するなど、WaPoでは「プロダクトとデザイン」のキーパーソンです。

以下、ポイントとなる箇所を拾い、そのやり取りを要約していきます。

モバイル高速化テクノロジーに注力


——新聞のビジネスモデルについて業界には憂慮すべきことがたくさんあります。問題を解決するためのあなた方の進捗についてどう感じていますか?
Prakash:まず皆が受け入れなければならないことは、誰にもそれがわからないということです。誰もわからないのであれば、試して実験するという以外の選択肢は見当たりません。
ですから、質問は、「この実験にどれくらいの費用がかかるか? あなたはそれを支払えるか? ベゾスはお金持ちだからお金を払えるからそれができるのか?」ということになります。
私は、実験には大枚が必要であるという考えには欠陥があると思います。そうである必要はありません。

——ビジネスモデルについて。読者を増やす際の課題は、記事が表示される時間がかかることです。WaPoはモバイル技術を用いてそれを改善し、多くの読者がWaPoサイトを訪れるようにしています。で、それがビジネスになりますか?

Prakash:購読者は記事表示の高速化分を支払ってくれるか? 広告ブロックツール利用者は、それでブロックツールの利用を止めるか? 実際は不明です。ですが、その実験を試みることから始まるのです。
脱線ですが、(この高速化技術で)WaPoを大幅に改善できれば、他のメディアもその技術を買いたくなるのではないでしょうか?(訳注:実際同社はCMSを国内外のメディアにライセンスしている)

——読者が追加の高速化分に支払うと考えるのですか?

Prakash:そう考えています。スピードこそが問題であるということは何度も何度も証明されています。小売業など一部の業界では相関関係はより直接的です。あなたがサイトを持っていて、それ高速化する以外は何も変えないとしても、売上が変化するのです。

Marburger:あなたが他の多くの低速なモバイルサイト、特にニュースサイトに慣れていたとします。WaPoを訪れてそれが圧倒的に高速であれば、あなたは定期的にWaPoを訪れるようになる可能性がより高くなるでしょう。そして、より多くのコンテンツを消費し、購読制限数を早く使い果たし、そして多くの広告を消費する。つまり、ご指名となるのです。これはすでにデータに見えていることです。

——ニュースを読もうとする消費者が、ヒラリー・クリントンの記事を表示スピードに基づいてクリックするという決定をすると思っているのですか? WaPoがもっと速いと知っていれば、彼らはそちらを選択すると?

Prakash:はい。われわれはすでにそういう状況を見ているのです。それが意識的な選択かどうかわかりませんが。クリックすることをためらわなくなるのです。

——それが編集部内の一般的な考えとはとても想像できません。

Marburger:まあ、それが編集戦略を如何なる形にせよ変えるものではありませんがね。しかし、読者は、記事がどんなものなのか、それが探しているものであるのかつねに知っているわけではありません。しかし、記事の表示が超高速だと、読者は他の何かを試してみる可能性が高いのです。一方、記事の表示に毎回3秒または4秒以上かかる場合は、もう試してみることはありません。

あわせて読みたい

「テクノロジー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    はあちゅう告発が示した日本の病

    駒崎弘樹

  2. 2

    はあちゅうセクハラ告発圧勝の力

    広瀬隆雄

  3. 3

    ウーマンの政治ネタ漫才に賛否

    キャリコネニュース

  4. 4

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  5. 5

    ドラえもん作者の「最期」に鳥肌

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率1%台で存在感はゼロ

    三浦博史

  7. 7

    東京MXの沖縄・在日ヘイトは最悪

    『月刊日本』編集部

  8. 8

    なぜ自衛隊は休息を命令するのか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    前川氏「教育勅語の暗唱は愚か」

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    はあちゅう告発で岸氏の今後は

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。