記事

DIYで自動運転装置を搭載できる?!

screenshot-www youtube com 2017-02-24 16-48-53.png

MITテクノロジー・レビューに面白い記事がありました。アメリカ・ネブラスカ大学に通う大学生が、DIYで自動運転装置を作った、という話なんです。しかもDIYにかかったコストはハードウェアのパーツ代のみでなんと・・・、700ドル!

そりゃ、いくら何でも安すぎるだろ、と思った方は鋭いです!

この大学生はハードウェアを用意して、オープンソース(開発用に無償公開)から自動運転のプログラムを使用しているんです。実は昨年、iPhoneやプレイステーションのハッカーだった、ジョージ・ホッツ氏が設立したComma.aiという会社がホンダ・シビック/アキュラILX用に自動運転プログラムを開発。

2016年末までには自動運転装置を販売する、と話題になっていたんですが、アメリカ合衆国運輸省から強く販売中止の申し入れがあったんです。転んでもタダで起きないのが元ハッカーらしく、開発したソフトを惜しげもなく公開。まぁ、世界的に注目を浴びますから良いマーケティングです。実際、テスラからは自動運転ソフトウェア開発者として年収数百万ドルをオファーされたとか・・・。

オープンソースにしたほうが世界各地のプログラマーが色んな開発を行い、結果的に″良い"ものに仕上がる、というユビキタス時代のトレンドですねぇ。私のような生きた化石にはサッパリですわ・・・。重要なのは利用者数を増やすことで蓄積される、実社会での運転状況、交通状況のデータが、本当の全自動運転につながる、と。

そうかと思えば、今度はneodrivenという会社が、オープンソースに自動運転プログラム「も」使える、デバイスを発売しました。名目上はドライブカメラで、早い話が小さなコンピューターです。っで、オープンソースの様々なプログラム「も」使える、として販売しているんです。言葉遊びのような法規制のかいくぐり方、嫌いじゃありません(笑)。

あっ、付け加えておくと、今のオープンソースにあるプログラムは速度を交通状況に応じて可変させるアダプティブクルーズコントロール、白線内にクルマを走行させるアダプティブクルーズコントロール、の組み合わせ、ということで自動運転ではない、というのが表向きの主張のようです。

さぁ、お待ちかねのオープンソースへのリンクです!

私にはサッパリわかりませんが、自動車メーカーやソフトウェア会社のエンジニアの皆さん、ご覧になってコッソリ、自動車王国に教えてください、どんなシロモノなのか!

どーでもいいですけどジョージ・ホッツ氏、瞬きの回数がとても少ない・・・。

あわせて読みたい

「自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    フォアグラ人気の裏に残酷な現実

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  2. 2

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    乃木坂46に学ぶ副業許可のヒント

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    橋下氏 民進玉木氏の質問に苦言

    橋下徹

  5. 5

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  6. 6

    ロシア人の4割は酒を一切飲まず

    ロシアNOW

  7. 7

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  8. 8

    EVの弱点を克服する走行中充電案

    島田範正

  9. 9

    「働くのが嫌」は世界共通の問題

    ヒロ

  10. 10

    通販のクレーマー行動は反社会的

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。