記事

過労死撲滅に向けた働き方改革は、日本経済に悪影響か

 電通の一連の問題をきっかけに、働き方改革は喫緊の社会課題として認識されている。毎日新聞によると、21日には高橋まつりさんの母幸美さんが安倍首相と面会し、実効性のある働き方改革を求めたことに対し、首相が「何としてでもやる」と決意を示したという。

 政府の強い決意とともに改善に向かう働き方改革であるが、その働き方改革が日本経済に悪影響を与えるという指摘がある。CNBCの報道によると、ドイツのメガバンク、ドイツ銀行(Deutsche Bank)は、長時間労働による過労死撲滅への日本の取り組みは経済成長に重くのしかかる、との見方を示している。その要因として、残業カットは世帯所得、企業収益、経済の潜在的生産高の低下に繋がる点を指摘している。また、帰宅時間が早まることによる消費拡大についても、金銭的な余裕がなく期待できないとしている。ドイツ銀行は日本の経済成長予測を2017年は従来予測の1.1%から1.0%に、2018年は従来予測の1.4%から1.1%に切り下げている。

 アベノミクスにとって働き方改革は重要なテーマだ。第一回働き方改革実現会議で安倍首相は、「長時間労働を是正すれば、ワーク・ライフ・バランスが改善し、女性、高齢者も、仕事に就きやすくなります。経営者は、どのように働いてもらうかに関心を高め、労働生産性が向上していきます。働き方改革こそが、労働生産性を改善するための最良の手段であると思います。」と語り、社会問題としてだけでなく、経済問題として取り組むことを語っている。また、働き方改革が、若年層の将来展望を明るいものとし、中間層の消費拡大や出生率の改善にもつなげていくことがポイントであることも指摘されている。

 ドイツ銀行が指摘する、働き方改革が経済成長に悪影響を及ぼす可能性は、短期的には否定できないだろう。一方で、働き方改革は中長期的には労働人口の増加や労働生産性の向上、出生率の向上といった経済成長の基礎を育てることが期待されている。今後働き方改革による経済成長への悪影響が表面化したとしても、短期的な視点だけでなく、中長期的な経済成長への貢献を見据えて、必要な痛みとして受け入れるという心構えが必要なのかもしれない。

(酒田 宗一)

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  2. 2

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  3. 3

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  4. 4

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  5. 5

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  6. 6

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  7. 7

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  8. 8

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  9. 9

    地銀の総合スーパー化という脅威

    シェアーズカフェ・オンライン

  10. 10

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。