記事

トヨタ、パナソニックが「住宅再編」を仕掛ける本当のワケ

経済ジャーナリスト 水月仁史=文

相次ぐ住宅再編は「冬の時代」の到来

住宅業界に再編風が吹き込んでいる。トヨタ自動車グループの住宅事業会社、トヨタホームは1月、老舗住宅大手のミサワホームへの出資比率を引き上げ、子会社とした。これに続き、パナソニックは連結住宅事業子会社のパナホームを8月に完全子会社化する。

国内住宅市場は大量の「空き家」問題が顕在化するなど長期的に先細りが避けられない。半面、大手10社によるシェアは1割程度に過ぎず、市場参加者が過剰な「レッドオーシャン」状態にある。相次ぐ再編は、縮む市場と淘汰が避けられない「冬の時代」の先取りといえそうだ。

トヨタホームはミサワの子会社化に当たり、約110億円を投じて株式公開買い付け(TOB)と第三者割当増資を実施し、持ち株比率を51%に引き上げた。ミサワは経営危機から産業再生機構の支援を受けた後、2005年にトヨタ自動車グループが資本参加し、直近でトヨタホームが27.8%の株式を持つ筆頭株主となっていた。この間、資材調達や人材交流での協力はあったにしろ、業界内では「目立ったシナジー効果は引き出せていない」との評が専らだった。

資本参加から10年以上を経て子会社化に踏み切った理由は、市場が縮む将来への“備え”の色合いが濃い。ミサワが子会社化に際し、国内の住宅市場は今後縮小が避けられず、「各社の統合もいずれは避けられない」と開示したコメントが、それを端的に物語った。トヨタにとって住宅事業は、創業家の家訓「一代一業」に則り、豊田章一郎名誉会長がほぼ40年前に立ち上げた事業だけに一歩も引くことはできない。その意味で、トヨタの住宅事業を集約したトヨタホームは、ミサワとの協業化を一段と加速し、盤石な事業基盤を築くねらいがにじみ出る。

昨年の住宅市場拡大はまやかし!?

一方、住宅関連を成長事業の柱に位置付けるパナソニックは、株式交換により現在54%出資するパナホームを完全子会社とし、7月に上場廃止とする。住宅建材・設備機器を手掛けるパナソニックと、住宅販売のパナホームの経営資源を共有することで、国内でリフォーム事業の拡大や建て替え需要を取り込むほか、海外市場の開拓を加速する。

これにより、パナソニックは18年度の住宅事業売上高を15年度から2割増の1兆6000億円に引き上げる計画だ。同時に、「住宅用部材のM&A(企業の合併・買収)も含めて検討する」(吉岡民夫専務)ほか、パナホーム単独で難しかった大規模投資も視野に入れる。

国土交通省が1月31日発表した16年の新設住宅着工戸数は前年比6.4%増の96万7237戸と、2年連続で拡大した。相続税の節税目的に加え、日銀のマイナス金利政策により銀行の融資が過熱し、土地所有者に貸家を建てる動きが広がったためで、貸家は10.5%増の41万8543戸と8年ぶりの高水準となった。しかし、貸家市場は実需に合わないミニバブルとの指摘もあり、地方では空き室が目立つ物件も多い。

この点を踏まえ、業界内には「昨年の住宅市場拡大はまやかしであり、住宅市場の先行きは厳しい」と冷めた見方が大勢を占める。実際、民間調査機関の野村総合研究所は、国内住宅市場が30年度に54万戸と15年度から4割縮小すると試算しており、長期低落傾向は避けられない。

このため、戸建て住宅最大手の積水ハウスは1億円住宅の投入など高付加価値化を図り、第2位の大和ハウス工業は大型物流施設の積極展開など事業領域の拡大を図り、それぞれ生き残り策に動き出した。トヨタホーム、パナソニックの対応もこうした取り組みと相通じており、迫りつつある住宅業界の大再編時代を先取りした動きでもありそうだ。

あわせて読みたい

「不動産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  2. 2

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  3. 3

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    特攻隊を美化する無責任な人々

    猪野 亨

  6. 6

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

  7. 7

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  8. 8

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  9. 9

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  10. 10

    ヒアリ襲撃 珍獣ハンターの受難

    ライブドアニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。